2017年11月19日 (日)

海瀬京子&Duo-Bコンサート

快晴、昨日の雨で富士は裾野まで雪化粧。

演奏会を来週に控え、午後から夜まで練習が入っているものの、
本日仕事が入り練習参加は夕方から。



昨日午後は海瀬京子さんの後援会主催のコンサート。

「2017 音楽の贈り物」だった。

 

今回は、ヴァイオリンの杉本裕乃、フィリップ・ローセンス・ボーダー御夫妻のDuoーBとの共演。

S19748923_1511209252331790_36687909

杉本さんのヴァイオリンは昨年3月に長泉町で聴いている。

キリッと引き締まった音色とはっきりとした自己主張の感じられる演奏だったと記憶している。



開演前に海瀬さんのお父様と談笑していると、目の前を昨年3月の演奏会の時にはまだお腹の中にいた杉本さんのお子さんが目の前をヨチヨチと通り過ぎていった。


S23561513_1511210028998379_68750092


今回はこの9月のアメリカ公演で披露したドビュッシーで始まりラヴェルで終わる
プログラム。


その他、武満徹、フォーレ、ピアソラ、そして第二次世界大戦中に強制収容所で命を落としたチェコの作曲家シュールホフなど。


ヴァイオリン、チェロ、ピアノの様々な組合せの多彩な内容。

S23659302_1511210388998343_33744875



前半はドビュッシーのヴァイオリンソナタとラヴェルの「ラ・ヴァルス」(ピアノ独奏版)


ドビュッシーのヴァイオリンソナタは、5月に東京でこの曲の校訂者でもあり
ドビュッシー自身の伴奏で初演したガストン・プーレのご子息ジェラール・プーレ氏のこの曲の初演後100年を記念したコンサートを聴いている。

いわば作曲者直伝の演奏。


杉本さんの演奏は年齢を重ねたプーレ氏の演奏とはまた異なるタイプの現代的で緊張感に満ちた中に華も感じられるもの。



そして海瀬さんの「ラ・ヴァルス」は、オケ版もかくやと思わせる華麗にして豪快なラヴェル。


これに音色の多彩さが加われば鬼に金棒。



休憩をはさんで後半の最初はヴァイオリンとピアノの組合せ。


武満徹の「妖精の距離」は初めて聴く。

短い時間の中に美しく純粋な武満徹の世界が凝縮された佳品だ。




続く宮城通雄の正月の定番「春の海」では、尺八独特の奏法の顎の上下動と

首振り、そしてメリ、カリをヴァイオリンのヴィヴラートで再現しているのには仰天。

尺八特有の鋭い息継ぎまで再現していたのには驚いた。



続いて御主人のチェロソロに交代。

フォーレの有名曲「夢のあとに」をボテッとした暖かな音色でしっとり聴かせてくれた。



会場が演奏者と近いので至近距離で朗々と鳴るチェロの音色が心地よい。



そして御夫妻によるピアソラ2曲にシュールホフの「ツィンガレスカ」。

中でもバルトークにも似た民族風のテイストの中に強烈な祖国への慟哭が放射されているシュールホフの作品には大きな感銘を受けた。


演奏も秀逸。是非全曲のレコーディングを聴いてみたい。



最後は超難曲のラヴェルのピアノ三重奏曲から第4楽章。

3人の個性が丁々発止とぶつかり合う、火の吹き出るような白熱の演奏。



アンコールは同じラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」のピアノトリオ版。

オケやピアノ版も良いけれど、ヴァイオリンとチェロがピアノにしっとりと絡むこの版も良いものだ。


ピアノ三重奏曲ですっかり興奮状態になった会場もクールダウン。



休憩中のお楽しみ抽選会では、京子さんのモンゴル公演土産の羊の尾の脂から作った石鹸を家内が当てました。



S23622295_1511210535664995_51389019


ありがとうございます。


YoutubeはDuo-Bのピアソラ

| | コメント (0)

2017年11月17日 (金)

ヴァンデルノートのモーツァルト

曇、気温は下がり、出勤前にストーヴを物置から出したりしていた。

仕事は小康状態。

来週後半から12月半ばまでに大きな山があり、それが終わると今年も終わり。

昨年今頃は入院が決まり公私ともに慌ただしかったけれど
今年は何事もなく年を越せそうな気配。


今日はベルギーの指揮者、アンドレ・ヴァンデルノート(1927 - 1994)

のモーツァルト。

EMIへの録音で35番から41番までの後期交響曲集。
オケはパリ音楽院管弦楽団。
1957年録音のタワーレコードヴィンテージコレクションCD3枚組。


4997184920186


1957年とはいえフランスEMIはステレオ録音の導入が遅れたのでモノラル。

ヴァンデルノートのモーツァルトと言えば、ハイドシェックとの一連のピアノ協奏曲録音が名高い。

自分も年代に廉価盤でまとまった数のハイドシェックとのモーツァルトを愛聴していた。
幾分ロマンティックではにかんだようなハイドシェックのピアノに、爽やかなヴァンデルノート伴奏が青春のいぶきのような趣で非常に良い演奏だった。

50年代から60年代初めにかけてのヴァンデルノートは、
ベルリンフィルやパリ音楽院管を振って将来の大成を予測させるような録音を残していた。

このモーツァルトの交響曲集は代表的なもの。

猛者揃いのオケをスッキリきっちりとまとめながら、爽やかにしてヴィヴィッドな曲運びで聴き応えのある名演揃いとなっている。

中でも39番はこの曲の代表盤とも言っていいほどの名演だと思う。


これがステレオ録音ならば長らく現役となっていたのではなかろうか。


その後ヴァンデルノートは表舞台のサーキットから姿を消し、ベルギー国内に逼塞してしまいその消息も絶えてしまった。

ところが90年代に突然、ベルギーでのライヴがCD化された。

往年の活躍を知るファンは驚喜して買い求めたのではなかろうか。




私も多分に漏れず高価なセットものを購入。

ワクワクしながらCDをセットしたのを昨日のように思い出す。

ところが演奏を聴いて愕然。

聴いていて辛く情けなくなるような、とても商品として成り立つような演奏とは思えぬほど酷かった。

81facd9ohl_sl1500_
その中で唯一「ハフナー」は往年の輝きの残滓が感じられる演奏だった。

寂しいような悲しいような。


Youtubeはビシュコフ指揮ケルン放送響のモーツァルト、39番。

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

本日の練習、本番迫る

昼間暖かく、朝夜は冷えてきた。
 
インフルエンザのワクチンが不足しているのだという。

先日の日経の記事に、東京で小児科で開業している
高校時代の同級生の談話が出ていてちょっと驚いた。

彼はトランペット吹きだった。


自分は先週接種済み。



そして夜はオケの練習。


いよいよ本番まで3回を残すのみ。


Sdsc08024_2

仕事を早く済ませ、空腹のままとにかく練習会場へ。

場所は市民文化センター小ホール。



小森マエストロの指揮で喜歌劇「こうもり」序曲に
「第九」第四楽章。


先生は歓喜の歌の主題の歌わせ方を丁寧に指導。


Sdsc08018_2


弦楽器が鳴ってきて良い感じになってきた。


次回はいよいよ合唱合わせ。

| | コメント (0)

2017年11月15日 (水)

山田一雄の「ヘンゼルとグレーテル」その他

曇りのち晴れ。

先週の水曜日。代休で休んでパンを購ったりしながらフラフラとハードオフやブックオフに寄ったりしていた。


最初に時々思いもかけぬ出物があるハードオフに行く。



かつて千枚近くのウィンナワルツとオペレッタの外盤CDの一大コレクションが出ていた棚はだいぶ寂しくなっていた。


LP棚の床置き段ボールの100円均一ジャンクLPを物色していると、

古ぼけたコンサートホール盤LP数枚の合間に外盤LPが数枚。


Sdsc07958

ヘルムート・ホイラーの弾くチェンバロ、アルベルト指揮ニュルンベルク響によるハイドンとコレットの協奏曲、独逸コロセウム盤。

Sdsc07952

バリトンのJosef・Loiblが歌うシューベルトのゲーテ歌曲集。

FSM盤。

Sdsc07949

ジョン・ソスコット指揮セント・ジョージ・カンツォーナによる

13世紀の作者不詳の器楽曲を集めた「冬に向かう人たちのための世俗舞曲集」。
Crd盤。



マリス・ヤンソンス指揮オスロフィルの「新世界より」独逸EMI盤

この4枚は明らかに同一所有者の放出品。

ヤンソンス以外は国内のレコードショップではまずお目に掛からないようなマイナーな盤。

持ち主は外地で生活していた音楽家の方ではなかろうか。

Sdsc07956


他にフンパーディンクの歌劇「ヘンゼルとグレーテル」、山田一雄指揮日本フィルのキングレコード盤。日本語による録音。

山田一雄は1949年に歌劇「ヘンゼルとグレーテル」の日本初演で毎日音楽賞を受賞している。


これは山田一雄の2種ある録音のうちの第一回録音。

この録音はまもなくお蔵入りとなり、歌手を変えて同じキングに再録音したものが、6年前にCDでタワーレコードヴィンテージコレクションとして復活していた。



2回目の録音が伊原直子をはじめとしたオペラ歌手を起用したものであるのに対してこちらは童謡歌手も起用。

岸田今日子がナレーターとして出ている抜粋録音で、CD初期に「ピーターと狼」とのカップリングでCD化されていたこともある。



この種の幼児教育を対象としたLPは、普通の中古レコードショップにはなかなか出て来ないが、地方のリサイクルショップで見かけたりする。



そしてもう一枚は静岡市の東海大学第一高校吹奏楽部(現東海大学付属静岡翔洋高校)の
1986年定期演奏会の自主制作録音盤。


Sdsc07957

同校はその後吹奏楽コンクール全国大会に2度出場している。

この時の定演には当時N響首席トランペット奏者だった祖堅方正氏が客演。

吹奏楽の伴奏ながらハイドンのトランペット協奏曲全曲を吹いている。
氏の協奏曲録音は稀少。



そしてCD棚からは「セクスチュオール~フランス近代管楽のエスプリ」。

61alfj1dal_sy355_

パユやコスター、メイエら現代の管楽器の最高メンバーによるレ・ヴァン・フランセによるミヨーやイベール、プーランクらの管楽アンサンブル曲をあつめたもの。

これも100円だった。


ブックオフでは「ベスト・オブ・バロック名曲」のVictorから出ていたCD4枚組750円。


51qiaazbjnl

豊田耕児のバッハやヘンデル、松本美和子のスカルラッティらの国内のトップ演奏家の録音を集めたオムニバス。


通勤の車中の友として聴くことにした。


収録曲数84曲。

手持ちとのダブりもあるけれど、細切れでなくきっちり全楽章収録されているのが良い。

美味いパンと稀少LP発見の一日。

断捨離は進まず。音盤は増殖するばかり。

| | コメント (0)

2017年11月14日 (火)

ドラティ、コンセルトヘボウとのチャイコフスキー

ふたたび雨模様の日々。

S20171109_125329302

仕事場の前にネムノキが咲いていた。


今日はドラティのチャイコフスキー、交響曲第4番。

コンセルトヘボウ管との1956年スタジオ録音。


蘭フィリップスのCDで、カップリングは「展覧会の絵」。

いずれもモノラルで、2曲ともステレオの再録音がある。



チャイコフスキーはロンドン響とマーキュリーへの全集録音があって、この中の第4番から第6番「悲愴」の演奏はかつて日本フォノグラムの廉価盤LPで出ていた。


自分にとってはそのロンドン響との録音が第4番の刷り込みとなっている。

68806


今聴いてもパリッと冴えたリズムに全曲に漂う緊張感。

嚠喨と響き渡る金管群の輝かしい響きが魅力的な名演だ。

中でも第1楽章中間部のホルンが強烈だった。


この後ドラティはワシントン・ナショナル響と三度目の録音を残している。




このコンセルトヘボウ管との録音はベイヌムが音楽監督だった1956年のモノラル録音。

739

同時期のドラティ&コンセルトヘボウとの録音は「我が祖国」全曲という大物のほか、「ファウストのごう罰」「新世界より」、威風堂々第1番などの少なからずの録音を残している。


このコンセルトヘボウとの第4番の演奏は、いくぶん暖かみのあるコンセルトヘボウのホールの豊かな響きとオケを自在にドライヴする采配が見事。



テンポを揺らしながら大きく盛り上がる第1楽章後半は圧巻。


フィナーレ終盤のアチェレランドも興奮させられる。


Youtubeはチャイコフスキーの交響曲第4番、テミルカーノフの指揮

| | コメント (0)

2017年11月12日 (日)

織田茂伸さんフルートリサイタル

本日快晴。

昨晩、土曜日の夜は家内と家の近くの沼津御用邸の「松籟の宴」へ行っていた。

Sdsc07984


その日は能楽師「辰巳満次郎」氏(重要無形文化財総合指定保持者)による薪能。


演目は世阿弥作 一管+半能「融」。


S20171111_181042785


月明かりの夜、源融の霊が現れるという内容そのままに暗闇に浮かぶ野外舞台での幽玄なる世界を堪能。

帰りに暗い夜道で駐車場の場所がわからなくなって、しばらく松林内を彷徨うというおまけつき。



そして今日、所用で駅前に行ってみたら大層な賑わい。

今日は「よさこい東海道」だった。

Sdsc08008

21回目を迎え、本場高知のよさこいチームその他66チームほどが集まり盛り上がっていた。




午後は高校の先輩、織田茂伸さんのフルートリサイタル。

場所は三島市の静岡県総合健康センターホール。

織田さんはアマチュアのフルート吹き。

S23376537_1531799840233734_89992082


本業のかたわら研鑚を積み、プロや音大卒業生が参加するコンクールで優勝実績もあり、プロとしても十分通用する腕前の人。



控えめな性格からあまり表に出てこないが50歳の時に初リサイタル。


そして10年後の今日還暦を記念しての2回目のリサイタル。



大きな宣伝もしていないので、このリサイタルに集まったのは織田さんの親しい仲間や関係者ばかり。


最初のバッハの音を聴いた時、あまりの暖かで柔らかな音に不覚にも涙が出てきた。



親しい友人というバイアス抜きで、これは大変なコンサートになりそうな予感がしてきた。

Sdsc08015


自分の好きな曲を親しい仲間内と一緒に作り上げていく演奏会。


一曲一曲に自分の想いを伝えながら自分のペースで演奏していく。


アンコールでは、国内の有名フルートメーカーの象牙製の頭部管に変えて吹いた。

曲は私の知らぬ「ロマンス」という曲。


私の斜め前に座っていたそのメーカーの社長さんが、一音一音噛みしめるように聴いていた。


会場全体が一体となった感動的なコンサート。


終演後久しぶりに会った自身もチェロを弾く高校時代の恩師がひとこと。



「泣いてしまったよ・・・」


Youtubeはプーランクのフルートソナタから第2楽章、ランパルのフルート

| | コメント (0)

2017年11月11日 (土)

本日の練習、そしてレコードコンサートのことなど

今週は水曜に休んでいるので週末が来るのが早い。
早朝、突然の雷で目が覚めた。

続いて台風並みの大粒の雨そして風。

ゲリラ豪雨だ。
外は雨に白く烟って視界不良。

雨雲レーダーを見ると濃い雨雲が駿河湾を北上中だった。

雨は7時過ぎには上がり、風も次第に収まってきた。


木曜の夜はオケの練習だった。

 
Sdsc07945

場所は沼津市民文化センター小ホール。
「第九」の第4楽章、特に中間部を練習。

本番が迫りこのような細かな練習ができるのは最後だろう。

後半のクライマックスの二重フーガはかなり遅いテンポになりそうだ。

この部分を遅いテンポでパート別に演奏してみると、弦楽器の細かな動きはまるでバッハのように響く。
Sdsc07944
横で吹いていた娘が「ベートーヴェンってすごいね」とポツリとつぶやいていた。


そして昨晩は同じ市民文化センターの視聴覚室で、センターの自主事業「クラシックレコードコンサート」の解説。

Sdsc07967
今回は補助席を出すほど大勢のお客様。

ありがたいことです。
ついでに沼響の「第九」の宣伝もさせていただいた。

Youtubeは徳島第九フラッシュモブ

| | コメント (0)

2017年11月 9日 (木)

シモン・ゴールドベルクのバッハ

昨日は久しぶりの雨。風も強くてちょっと荒れ模様の一日だった。

今日は一転して爽やかな秋晴れ。昨日の雨で富士山も雪化粧。


このところ休日出勤が多く、
ここで一区切りついたので昨日は1日代休をいただいていた。

気分的には数日休んで一人旅でもしたいところ。


畑作業でもして過ごすつもりが雨風のためにできず、何となくの無為の一日。



Sdsc07939

近所に美味しい食パン専門店ができたという評判、月水金の営業だという。
しかも完全予約制。


2ヶ月先まで予約でいっぱいとのこと。


ところが9時から予約の先着順で、当日分の何本かが入手可能だということを家内がどこからか聞いてきた。

S20171108_131014474


休みならばちょうど良いということで、9時に店に電話したら話し中。

何度電話をかけてもだめ。


気持ちは萎えたものの、どうしても食べたいという天の声もあるので、根気よくかけ続けたらやっとつながった。


焼き上がりは午後1時半頃、お一人様2本まで。


雨の中取りに行くと、店はパン屋というよりも完全に工房の体裁。


接客用の窓口は半間程度の仮設の板があるだけのシンプルなもの。

このことがかえって職人気質の誠実さが感じられるのが面白い。
 

Sdsc07938


頼んだのはノーマルな食パンとヨモギ食パン。
2本で税込み1050円。

アツアツのできたてパンをスライスしてみると、ふわりと綿菓子のような独特の食感。


何も付けずに食べても十分美味い。( ̄~ ̄)



今まで食べてきたパンはいったい何だったんだと思うほど絶品だった。

Sdsc07942


なんとなくポーランドのヴァイオリニスト、シモン・ゴールドベルクの演奏が聴きたくなった。


フルトヴェングラー時代のベルリンフィルのコンサートマスターだったゴールドベルク。

聴いたのはバッハ。

1975年フィリップスへの録音で、3つのヴァイオリン協奏曲を集めたもの。
手持ちは国内盤LP。

Sdsc07936

・ヴァイオリン協奏曲第1番
・ヴァイオリン協奏曲第2番
・2つのヴァイオリンのための協奏曲


ゴールドベルクの弾き振りでオケはオランダ室内管弦楽団。


第2ヴァイオリンは、トーマス・マジャール。



明るく柔らかな音色の中にヒューマンな暖かさのある感動的なバッハ。


古いスタイルの演奏だけれど、聴いていて遙か遠い世界に想い誘われるような演奏だ。


聴いた後に自分のブログを検索してみたら、ちょうど一年前の同じ頃にゴールドベルクのビバルディを聴いていた。



これは不思議な偶然。


Youtubeはシモン・ゴールドベルクが振るバッハ、組曲第2番。

| | コメント (0)

2017年11月 7日 (火)

ヴォイセズ・オブ・ブラス

今日は立冬。ここ数日暖かな日が続く。

昨日は仕事で静岡市。

S23244454_1499921106793938_31180851

出張先のグランシップ10階から西の方向には富士山がよく見えた。


沼津からとは異なったアングルの富士。

家康が隠居所とした駿府城から好んで見た眺めだ。



このところしばらく仕事が立て込んでいて土日の出勤も多かったものの、昨日で大きな区切りを実感。




フィリップ・ジョーンズブラスアンサンブル(PJBE)の演奏から
「ヴォイセズ・オブ・ブラス」。


シャイト、シュッツ、シャインらのドイツバロック期の作品を集めたもの。




これはまとまったレコーディングとしてはPJBEの第1作となったアルバム。

Sdsc07812

手元は英ARGOの外盤LP。

1. サミュエル・シャイト(1587-1654):

  カンツォン・コルネット

 ハインリヒ・シュッツ(1585-1672):

 2. 詩篇第24篇
 3. 我汝に誓う、エルサレムの乙女たちよ
 4. 汝の若き時よりの妻に喜びを抱け

5. サミュエル・シャイト:
  クーラント・ドロローザ

6. ヨハン・ヘルマン・シャイン(1586-1630):
  シオンは言う、主はわれを見捨てられたと


7. サミュエル・シャイト:
  詩篇第103篇《いざ主を賛美しなさい、私の魂よ》



PJBE単独ではなく、レイモント・レッパード指揮のパーセル・コーラス・オブ・ヴォイセズとの共演。



1968年録音。



ここでのPJBEはあくまでも脇役のような趣。



同時期に若き日のノリントン指揮でブルックナーの管楽合奏伴奏によるミサ曲もARGOに録音していて、こちらも架蔵済み。



壮大にして宗教的な大きな広がりを持った演奏。


後のいくぶん遊び心が漂う演奏とは異なり、極めて真面目な仕上がりなのは指揮のレッパードのキャラなのだろう。



最初の「カンツォン・コルネット」は、学生時代に遊びでトランペットに持ち替えて
3番トランペットを吹いたことがある。


音域が低くてホルン吹きの自分でも気持ちよく吹けたのも懐かしい思い出だ。



イコライザーロンドンのffrrカーヴで再生。

極めて生々しい再生音。



YoutubeはPJBEの「ミスタージャムス」

| | コメント (0)

2017年11月 5日 (日)

本日の練習、みっちり5時間集中練習

この三連休は快晴。

観光ガイドに紹介されている家の近くの「弥次喜多」は食事時には連日県外ナンバーの車でいっぱいだった。


文化の日の金曜の夜、韮山から帰ったあと最近テレビのローカル局で紹介された「301餃子」で夕食。

S20171103_200411436

人気の海老味噌ラーメンは、エビがらの香ばしさと濃厚な味噌スープとの絶妙なコラボ。
店内は若い客で大変な混雑。


そして昨日土曜日は午後から夜までオケの練習。
場所は本番会場の沼津市民文化センター大ホール。

指揮は小森マエストロの指導で「第九」をみっちり練習。

S23130825_1498191776966871_79769608


正味5時間ほどを全楽章集中的な練習となった。

沼響6回目の第九とはいえ第九は何度演奏しても特別な曲。

S23131980_1498191940300188_56463347

弦楽器も充実し密度の濃い練習となった。

合唱合わせも楽しみになってきた。

Youtubeはカラヤンの「第九」のリハーサル

| | コメント (0)

«トルドラのレスピーギ