2019年1月21日 (月)

東京大学音楽部管弦楽団第104回定期演奏会のことなど

新たな週の始まり。本日快晴。

日曜は東京大学音楽部管弦楽団第104回定期演奏会に行っていた。

場所はサントリーホール。




9時50分沼津発高速バス新宿行に乗る。


途中足柄SAでトイレ休憩だったので、渋滞で遅れることも予想して昼食用にホットドックとドリンクを購入。


定刻通りに渋谷に到着。地下鉄でサントリーホールへ。

S51044304_2049718668480843_51065758
東大オケの100年近くの歴史を誇る学生オケの雄。


かつて作曲家の柴田南雄氏が1978年に演奏された東大オケのマーラーの演奏を聴いた感想を書いていた。



・・技術的な出来栄えから言えば東京にいくつかある職業オーケストラの真ん中よりも上かもしれぬ。・・・

曲は早川正昭指揮の交響曲第6番。


この一文が頭に残っていて東大オケの同曲の私家版LPも手元に有る。(山岡重信指揮のもの)




今回の曲は


Sdsc00323_2



・組曲「マ・メール・ロワ」  :ラヴェル

・交響詩「死と変容」     :R.シュトラウス


・交響曲第3番 ハ長調「オルガン付き」 :サン・サーンス



   三石精一指揮
   東京大学音楽部管弦楽団
 
   オルガン:小島弥寧子
というもの。

東京まで出向いたのは、サン・サーンスの交響曲第3番が今沼響で練習中であることが大きい。


チケットは完売。

今回の座席は1階前から6列13番、ほぼ理想的な場所だ。

 
マ・メール・ロワとサン・サーンスはかつてこのホールでプロオケの演奏を聴いている。


ラヴェルは1995年ブーレーズ指揮のロンドン交響楽団。
サン・サーンスは1989年バレンボイム指揮のパリ管弦楽団。

 
ブーレーズの時は共演予定のポリーニが体調を崩し、予定されていたバルトークのピアノ協奏曲第2番がシェーンベルクのピアノ協奏曲に変更になり、当日になって協奏曲も も弾くことが出来ず、結局シェーンベルクのピアノ小品を数曲弾くだけになってしまった。

その埋め合わせとして、当初プログラムになかった「マ・メール・ロワ」が演奏された。


演奏はこの組み合わせで悪かろうはずもなく手慣れた名演だったという印象。

ちなみにメイン曲は「春の祭典」だった。

バレンボイムの時のサン・サーンスは前プロで、メインはスクリャービンの「法悦の詩」。

中プロとして何かあったはずだが思い出せない。


この時はスクリャービンの巨大編成オケの印象が強烈で、サン・サーンスは透明で美しい演奏だったものの曲の弱点がさらけ出されてしまって期待外れが大きかった印象しか残っていない。




そんなことを思い出しながら、そして今練習中のサン・サーンスのホルンパートを反芻しながら聴いていた。




三石精一は隣町のアマオケ三島フィルの指揮者だったので何度か聴いている。


オケを手際よくまとめる職人的な手腕の中にもがっしりとした構成力で聴き手を掴む手練れの指揮者の印象。


そして開演。




S20190120_131632842



ステージに登場したのは自分の子どもたちと同じ世代の学生たち。


最初のラヴェルから初々しい清々しい響きがホールに漂う。

良くコントロールされた透明な弦楽器の響きに感心する。

コンマスのヴァイオリンソロなど立派なものだ。

巨大な編成の「死と変容」もクライマックスでの熱く巨大な響きも聴きごたえのあるもの。金管楽器の多少の混濁はやむなしか。

後半のサン・サーンスは手に汗握る白熱の演奏で、空気を揺るがすオルガンの巨大な響きの中で学生たちの熱き思いがストレートに伝わり、会場も興奮状態となっていた。


弦楽器もうまいがオーボエのソロが見事。

アンコールは歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲をオリジナルとおりのオルガン付きで。

目を真っ赤にしてヴァイオリンを弾いていた女性奏者たちはこれで卒団なのだろうな。


爽快にして気持ちの良いコンサートでした。


帰りはインフルエンザで臥せっていた娘のマンションに寄り、帰宅は10時少し前。

Youtubeはデュトワ指揮モントリオール響のサン・サーンス交響曲第3番 

| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

キース・ジャレット、「ソロ・コンサート」

1月半ばの土曜日。

阪神淡路大震災から24年。

当時は東海大地震など太平洋岸での地震が警戒されていた中での、突然の関西中心部の大地震だった。



あの日出勤前に見たNHKテレビのニュースの第一報は、北陸で大きな地震が観測されたという内容だったと思う。

その後神戸が大変なことになっているという情報が入ってきた。



この日はちょうど仕事で外回りをしていて、カーラジオから聞こえる実況から犠牲者がしだいに増えていくのを恐怖と驚きを持って聞いていた。



神戸在住の家内の叔母のことも気になった。

叔母は被害が大きかった長田区に住んでいた。


数日全く連絡が取れず、義兄が直接神戸まで安否を確かめに行く事になり、食糧事情も状況がわからない中で義兄は我が家の畑で取れたキュウリなどの野菜や食料をリュックに詰めて出発していった。


叔母の家は震災直前に新築していたので、幸い家が倒壊することもなく無事だったがご近所で多くの犠牲者が出たことを後に直接伺った。




そして8年前には東日本大震災。


思えば平成は大きな災害が続いた時代だった。




今日はキース・ジャレットのソロで「キース・ジャレット ソロコンサート」。

ECM原盤のトリオ発売の国内盤LP3枚組。


A

緑色の特徴的なジャケットは学生時代からよくレコード店で見かけていた。

これは1973年のブレーメンとローザンヌでの即興演奏からLP3枚分の記録。

この中からブレーメンのコンサートを聴く。



有名なケルンコンサートのような結晶化した純粋さというよりも、キースのパッションの奔流が熱い塊となって聴き手を包み込むようなパフォーマンス。


使用ピアノも録音の採り方もケルンコンサートは全く異なる。

ブレーメンでのピアノはケルンコンサートで聴かれた軽い音ではなく重心の低い重量級の音が鳴っている。


当初ブレーメンのコンサートは1度キャンセルが発表され、公演日の二日前に突然キャンセルが撤回された。

突然のことに当日集まった聴衆は200名ほどだったという。

イコライザーカーヴはAES。

Youtubeはキース・ジャレット1987ジャパンライヴから「サマータイム」

| | コメント (0)

2019年1月18日 (金)

田中希代子のサン・サーンス

晴れ、朝の気温は10°

対岸の火事と思っていた事案が、思わぬ飛び火で火消し役となる羽目に。


時々咳き込みクシャミが出ている。


風邪のようでもありアレルギーでもあり、この体調のまま週末を迎えたくないもの。


今日は早めの帰宅。




ピアニスト田中希代子のサン・サーンスを聴いていた。

キングレコードから出ていた田中希代子の芸術中の1枚。
音源はNHK.



341


・ピアノ協奏曲第5番ヘ長調 op.103『エジプト風』

・ピアノ協奏曲第4番ハ短調 op.44  *

 田中希代子(ピアノ)
 ピエール・デルヴォー(指揮)
 ディーン・ディクソン(指揮)*

 NHK交響楽団

録音:1965年1月27日、東京文化会館
:1968年1月16日、東京文化会館*


田中希代子は1952年ジュネーヴ国際音楽コンクール1位なしの2位。
この時同じ2位にイングリット・へブラー。

ロン・ティボー国際音楽コンクール1位なし4位。

大接戦として知られる1955年ショパン国際ピアノコンクール10位入賞。
この時の1位はハラシェビチ、2位アシュケナージ。



ところが30代半ばの1968年に膠原病を発病。
1970年に引退を余儀なくされた天才ピアニスト。

その活動歴は20年に満たない。


この演奏を聴くと並々ならぬ才能の持ち主であることが判る。



切れの良いテクニックだけではなく曲全単体をがっしりと掴んだ構成感。

触れれば血が吹き出るような鋼のような強靭な音

細かな音型の一音一音が意味を持って響いているのが凄い。



ショパンコンクールの時に審査員のミケランジェリがアシュケナージと田中希代子の同着優勝を主張し、認定書の署名を拒否した話も頷ける。


この2曲では第5番が特に素晴らしい。

発病間もない第4番は、輝かしい第5番に比べるて思わぬ場所でのミスタッチや音の粒立ちに微妙な衰えが感じられるのが悲しい。


デルヴォーの伴奏はソリストに触発された熱い出来。

第4番の黒人指揮者ディーン・ディクソンは録音が少ないだけに稀少。
こちらの伴奏もソリストをいたわりながらも細やかな伴奏を付けている。



ともあれこのような記録が残されている幸福を思う。

2曲ともステレオ録音なのが有り難い。

Youtubeは田中希代子のショパン

| | コメント (2)

2019年1月16日 (水)

大賀典雄指揮ベルリンフィルの「第九」

昨日の雨模様から一転、本日快晴。

蒼い空には鳶の姿。



Sdsc00308_1



インフルエンザが身の回りで猛威を振るっている。

月曜日に帰省し上京した娘が本日発症。

風邪がよくなりかけてきた自分も感染しているかもしれない。




このところ土日出勤が続いたので今日は休みをいただいた。

ぼーっとしつつも畑作業や家の雑事など。

合間にブックオフに行ってみた。


自宅直近のブックオフは数年前に廃業。

現在自宅から比較的近いエリアのブックオフは4軒ほど。


その中でも一番遠いお店に行き、最初に文庫新書コーナーを物色。

久しぶりの店なのでだいぶ在庫も様変わりしている。

Sdsc00315


あまり期待せずに楽譜コーナーを見てみると、ドレミ出版のヤナーチェク・ピアノ曲集が3冊。

3冊とも同じものでほぼ新品。

????

楽器屋が廃業したのだろうか?

値段を見るとなんと108円!!

内容は

・草かげの小径にて第1集、第2集
・ピアノソナタ「1905年10月1日」
・ズデンカ変奏曲


などヤナーチェクのピアノ曲では比較的知られた曲ばかり。


おまけに「シンフォニエッタ」の第一楽章のピアノ版。


譜面を見ると自分のレベルでもなんとかなりそうだ。




同じ棚から見つけたのはシューベルトの「ピアノのための舞曲集」。



そして「シャンソン・フランセーズ(フランス愛唱歌集)」


こちらはラモーの宮廷歌曲からペルゴレージ、マルティーニらを経てボアルディユーやサティ、オーリックらの著名作曲家によるシャンソン、いわゆる通俗的な歌曲を集めたもの。

全て新品同様108円

しばらく遊べるぞ。



すっかり気持ちはハイなってCD棚に移動。


500円以下コーナーがぐっと増えていたけれども、さすがに自制して珍しいもの数点のみ。


Sdsc00318



ひとつは大賀典雄指揮ベルリンフィルのベートーヴェンの「第九」非売品。


未開封新品で280円。

へーえ・・こんなCDもあったのか・

ポツダムのソニーセンター落成時のライヴらしい。




大賀さんは同郷にして高校の大先輩。叔父とは同級。

東京フィルを引き連れて沼津で演奏会を開いたこともあった。



Sdsc00319



フランソワ・クープランの「ルソン・ド・テネブレ」

旧約聖書の哀歌に基づく名曲

ロック歌手から転向したジェレーヌ・レーヌのカウンターテナーほか。

280円




Sdsc00320


普通のコーナーからはウィーンフィルの首席ホルン奏者だったギューンター・ヘーグナー
率いるウィーンフィルのホルンセクションによるホルン四重奏曲集。

カメラータ盤。

こちらは高めで880円。


yOUTUBEはヤナーチェクの「草かげの小径」から

| | コメント (0)

2019年1月14日 (月)

金曜の夜はレコードコンサート

本日快晴、成人の日。


Sdsc00287


暮れあたりから咲き始めた庭の「白梅」が次々と咲き始めた。

「万両」の紅の実も鮮やかだ。


Sdsc00276


東京にいる娘が明日神戸に出張ということで、中間地点の我が家に昨日から一時帰省。

どうも風邪気味で咳が出る。肩も痛い。
熱はないのでインフルエンザではないと思う。

職場内の女性が先日熱の出ないインフルエンザに羅患したので気になるところ。


先週の金曜日は、木曜のオケの練習に引き続き市民文化センター。

今年最初のクラシックレコードコンサートの解説。


201811141500440001

打ち合わせのために文化センターの事務所に行くと1月20日の

ニューイヤーコンサートに出演する海瀬京子さんが
大ホールで打ち合わせ中だという。

行ってみると共演するピアニストの新井君とモーツァルトを合わせていた。

曲は2台のためのピアノソナタ。

しばし中断して雑談。

2台のスタインウェイのキャラが異なるので苦労しているらしい。

近況や地元音楽界の現状、その他往年の巨匠たちの音楽談義など話は尽きず。

練習を邪魔してしまった。




そして夜のレコードコンサートはカルロス・クライバーの特集。



名演として名高いベートーヴェンの交響曲第7番とウィーンフィルのニューイヤーコンサートを中心に、クライバーの経歴やエピソード、父エーリッヒとの関係や自分が接することができた実演での模様など。


Sdsc00288



第二楽章集結部の弦楽器の扱いの他の演奏との比較など。

とはいえこのレコードコンサートに来る方の多くはマニアではなく普通の音楽好きの方々。

カラヤン、バーンスタインは知っているけれどクライバーは初めてという方も多い。



Sdsc00275

なるべく分かり易い説明を心がけている。

それでも熱狂的なベト7の凄さはわかっていただいたと思う。

活発な質問もいただきました。

ありがとうございます。


Youtubeはクライバーのベートーヴェン、来日公演から

| | コメント (0)

2019年1月12日 (土)

沼響初練習はサン・サーンス

曇夕方から雨の土曜日。

朝、東京へ行く娘を送りながら外国からお客様が来ることに
なりその対応で出勤。


夜は沼響の新年会。


ここ数年欠席だったけれども会場が仕事場から近いことで
出席することにした。


同席の団員さんはご夫婦で団員。
ヨーロッパでの生活が長くコアなオペラファン。


バイロイトには数度足を運びメトでも聴いている。

いろいろと興味深い話を伺いながらの楽しい酒席。




木曜は沼響今年の初練習。

場所は市民文化センター地下のリハーサル室。

Sdsc00272


曲はサン・サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」。


第1楽章はじめから細かな音符が小節内にはまらず
字余り状態。


苦戦です。

実際に演奏してみると至る所に落とし穴だらけ。

Sdsc00267


サン・サーンスの精緻な隠し味と職人的な作曲技法に
今まで名曲として生き残ってきたことに納得。
Sdsc00269
ティンパニに新しい団員が入団しそうなのが朗報だ。

Youtubeはチョン・ミョン・フムのサン・サーンスの交響曲第3番

| | コメント (0)

2019年1月 9日 (水)

ゴルシュマンの「展覧会の絵」

良く晴れた冬の一日。

昨晩九州で再び地震。

年末に娘が、友人の家に遊びに行ったときに友人の祖父が地震を研究していて
その方から九州と東北地方は歪がまだ解消されていない、再び大きな地震が来るとの話を聞いている。





夜は組織内の新年会。

参加は10数名ほど、個室で上品な懐石風料理。

5000


バスで帰ることの出来る時間で帰宅。


ゴルシュマンの「展覧会の絵」

この演奏は10数年前に沼響が演奏したとき聴き比べコラムに感想をアップしている。



イコライザーカーヴを選択することができるようになったので再聴。

手持ちはキングの廉価盤LP、世界の名曲1000シリーズ中の1枚。


Sdsc00261


このシリーズはかなりの詰め込みで悲愴とエロイカのLPは1枚のLPに収録した盤の最長記録としてギネスブックに記載されたという。



この盤もマリオ・ロッシ指揮の「シェヘラザード」との長時間カップリング。
どちらも米ヴァンガードがオリジナル。


RIAAカーヴで聴いたときはオケの響きのプアさが目立っていた。

今回NABで聴いたら全然違う演奏に聞こえて吃驚。

引き締まったオケの響きに洒落たフレージング。

「サミュエルゴールデンベルクとシュミイレ」のトランペットソロなどにオケの性能の限界は感じられるものの、オケが明るい響きで鳴り切っているのが爽快だ。

特に後半が良くて「キエフの大きな門」では感動的な盛り上がり。

ロシア系にしてパリ生まれ。

バレェリュスの指揮者として活躍し、ラヴェル、サティやフランス六人組とも直接親交のあったゴルシュマンにとって、この曲ほどふさわしい音楽はないだろう。

続いてB面のロッシ指揮の「シェへラザード」も聴いてみた。

こちらのカーヴはAES。

オケは同じくウィーン国立歌劇場管。

外盤のロッシ指揮のヴァンガード録音にはウィーンフォルクスオパー管と書いてあるものが多いのでおそらくこの演奏もフォルクスオパーのオケ。

もともと隠れた名盤だと印象があった演奏だがぴったりはまったイコライザーカーヴでますます確信は深まった。

大きな広がりと奥行きを伴った雄大な響き。

弦楽器のうねりの中から浮かび上がってくる黒光りするようなブラスの輝かしい音も見事なもの。

詰め込みLPでもこれだけの音が聞こえてくる。

P1010707

キングレコードは後にこの「シェへラザード」のみを1枚にカッティングし直して廉価盤で再発している。

こちらも聴いてみよう。

Youtubeはゴルシュマン指揮のボレロ

| | コメント (0)

2019年1月 8日 (火)

今年の初買いはアラフェス協奏曲の初録音

本日快晴、通勤途中の富士山もよく見えた。

このところ右膝が痛く階段を上るのが辛い。
加齢と運動不足。




先日ブックオフに寄った折にCDを数枚購入。


ここのブックオフのクラシックコーナーはかなり高め。

物によっては再発されたCDの定価以上の価格となっていたりする。


それでも500円以下のコーナーには時々面白いものが出るので油断はできない。


カタラーニのオペラ「ワリー」全曲盤のイタリアfoyer盤。



916o7ed8fl_sx450_


La Wally by Alfredo Catalani

Giovanni Foiani (Bass),
Magda Olivero (Soprano)
Laura Zanini (Mezzo Soprano),
Nicola Zaccaria (Bass)
Ida Farina (Soprano)
Amadeo Zambon (Tenor),
Silvano Carroli (Baritone)

Conductor: Ferruccio Scaglia
Orchestra/Ensemble: Bergamo Teatro Donizetti Orchestra
Bergamo Teatro Donizetti Chorus

Date of Recording: 10/09/1972
Live Donizetti Theater, Bergamo, Italy


ベルガモのオペラ劇場のライヴ。

80年代後半にかなりの数が出ていたイタリア製海賊版のようだ。


指揮者も歌手も知らない人だがこの曲の全曲盤は未架蔵のため購入。

500円。




旧東独逸のピアニスト、ペーター・レーゼルの弾くブラームスのピアノ曲全集録音から、
間奏曲などを収録の国内盤CD。

Images


ブラームス/ピアノ独奏曲全集5

 
 3つの間奏曲Op.117(1892)
 6つのピアノ小品Op.118(1892)
 4つのピアノ小品Op.119(1892)
 ペーター・レーゼル(ピアノ)
 録音:1972、1973年、ドレスデン・ルカ協会
 


500円超えるレギュラー?コーナーからは主に独逸グラモフォンの演奏家達による プロコフィエフの録音を集めた2枚組CD。
750円。


41qphwxpkkl


1) 交響曲 第1番 ニ長調 作品25《古典》

クラウディオ・アバド(指揮)
ヨーロッパ室内管弦楽団


2) ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 作品19
シュロモ・ミンツ(ヴァイオリン)、
クラウディオ・アバド(指揮)、シカゴ交響楽団


3) 《ロメオとジュリエット》 組曲第1番作品64a/第2番作品64b(抜粋)
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(指揮)
ワシントン・ナショナル交響楽団


4) カンタータ《アレクサンドル・ネフスキー》 作品78から激戦のあと
エレーナ・オブラスツォヴァ(メッゾ・ソプラノ)、
クラウディオ・アバド(指揮)、ロンドン交響楽団


5) ピアノ協奏曲 第3番 ハ長調 作品26
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
クラウディオ・アバド(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団


6) 束の間の幻影作品22から第3番、第6番、第9番
スヴャトスラフ・リヒテル(ピアノ)

7) 交響曲 第5番 変ロ長調 作品100
ロリン・マゼール(指揮)
クリーヴランド管弦楽団



そしてクラシックコーナーではなく子供向けCDコーナーから発掘した
「音楽を夢見た少年ロドリーゴ」というCD。


ロドリーゴの少年時代をギタリストの村治佳織のナレーションで音楽を交えながら紹介。
オリジナルはスペイン・ユニバーサルが製作したアルバム。


Uccd1135_qee_extralarge


ギター4台とオーケストラのための「アンダルシア協奏曲」と名曲「アランフェス協奏曲」 は全曲の収録。



驚いたのは「アランフェス協奏曲」は初演者であるデ・ラ・マーサによる世界初録音。

伴奏は若くして急逝してしまったスペインの名指揮者アルヘンタだ。


レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサ(ギター)

アタウルフォ・アルヘンタ指揮
スペイン国立管弦楽団
1948年録音



かつて山野楽器が出したレコードからの板起こしと思われるCDがあったが、
録音データが誤っていた上に音が悪かった。

果たしてこのCDの音は?

一方の「アンダルシア協奏曲」の演奏はこの曲を捧げられたロメロ一家によるステレオ録音。

この貴重な録音が280円。


これが今年の音盤初買い。


Youtubeは村治佳織の弾くロドリーゴ

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

東京ブラスアンサンブルのファンファーレ集

今年最初の日曜日は雨がぱらつく曇り空。

部分日食は見ることができず遠くの箱根の山々は雪模様。



午前中は床屋、シャンプー付き1500円カットの店。

理容師は手練れの男性二人に20代とおぼしき若い女性。




選ぶことはできないがなんとなく慣れた人の方がいいなぁ、と思いながら順番を待っていた。


若い女性はもっぱら小学生の男の子を刈っている。


結局めぐりあわせで自分はその女性が担当。



スキップしながら店を出て行ったカリアゲ君風の小学生の男の子を横目で見ながら椅子に座る。


女性「どのようにしますか・・」


私「カリアゲはしないでください」


さらさらとした優しい手さばきに眠くなってきた。





S_pc270461


午後は古いお札を出しに家内と三島大社へ。



大社にはこの元日の夜に初詣に行ったものの古いお札を持って行くのを忘れていた。



松の内の日曜なので初詣の人々で混んでいる。
屋台もそのまま。


古いお札を持って行き新しいお札を入手。



Sdsc00247


ついでに「おみくじ」もひいたら「大吉」だった。



東京ブラスアンサンブルのファンファーレ集。



Sdsc00241


80年代初めの私家盤LPで製作は日本コロンビア。


祖堅方正さんが率いる当時在京オケの凄いメンバー。




トマジのファンファーレやリャードフ、グラズノフのファンファーレ集は最後に校訂者のアルトゥール・ラックによる4小節のファンファーレのおまけ付き。




Sdsc00244



フィリップジョーンズそのほかの、この頃の世界的なブラスアンサンブルと比べても全く遜色ない出来。




第1集のLPも手元にあるがこの第2集の方がアルバムとしてのまとまりも良く演奏も優れている。




Sdsc00243




今CD化すればかなり評判となるのではなかろうか。



トマジのファンファーレは意外と良い全曲演奏がないだけに貴重だ。




Youtubeはトマジのファンファーレ

| | コメント (0)

2019年1月 5日 (土)

小野リサ、アミーゴス

今朝の気温は高く3月上旬並みとのこと。



Sdsc00185



庭の白梅の開花が加速することだろう。

今日は土曜日とはいえ仕事が入り朝はいつもの時間に出勤。
家の者は未だ休眠状態。

年末年始はもう遠い世界。


最近の音盤買いは、ハードオフやブックオフで思いがけない出物を見つけるのが楽しみになっている。

はっきりお目当てのある場合はアマゾン、HMVなど、場合によってはオークション。

中学生のころからのお馴染みの町のレコード店は全てが廃業か倒産してしまい、駅ビルや商業施設のCDショップのクラシックコーナーはもはや見る影もない。

市内の書店も次々と姿を消している。
親しかった個人書店の店主さんも一昨年亡くなり店も無い。

平成の御代はネット社会。


昭和は遠くなりにけり。



今日はボサノヴァ。

小野リサのアルバム「アミーゴス」を通勤の車中で聴いていた。



Dsc


01踊ってごらん
02イパネマの娘
03春
04アイ・ヨヨ
05「黒いオルフェ」~カーニバルの朝
06デサフィナード
07アマポーラ
08ジンジ
09サンバの王国
10マリアーナ
11マラニョンのマリア
12朝のハーモニー



昨年BSで放送されていた小野リサのライヴが良くて図書館から借りたCD。

20年以上前に発売された彼女初期のアルバム未収録の歌を集めたもの。

ちょっぴり物憂げでお洒落な大人の音楽。

Youtubeは小野リサの「イパネマの娘」

| | コメント (0)

«オイストラフのバッハ