2024年4月24日 (水)

ミャスコフスキーの交響曲第23番

雨のち曇り、気温は下がり本日の最高気温は18度。

明日は一転、夏日の予報。


438712299_7538897776229544_5731458246845

ここ数日の暖かさで庭のツツジが一斉に咲いて散り始め。


438094258_7538902889562366_1051990931977

 

そしてハナミズキの白い花


438821974_7538898102896178_6989345342686

 

ロシアの作曲家、ニコライ・ミャスコフスキーの交響曲第23番を聴く。

手持ちはアレクセイ・コヴァレフ指揮のメロディア原盤の英EMI盤
カップリングは弟子のシチェドリンによる交響曲第1番


R810456716237758166787

・交響曲第23番 イ短調 作品56  :ミャスコフスキー
・交響曲第1番 変ホ短調       :シチェドリン*

 アレクセイ・コヴァレフ(指揮)
 モスクワフィルハーモニー管弦楽団
 ニコライ・アノーソフ(指揮)*
 モスクワ放送交響楽団

 

ミャスコフスキーは実に27曲の交響曲を残していて録音はスヴェトラ-ノフの全集もある。

かなり前に交響曲第11番の感想を書いていた。

手持ちの音盤を調べてみたらこの11番のほか、オーマンディの2番やコンドラシンの6番、15番、スヴェトラーノフの全集録音からも3,22,27番。
吹奏楽のために書かれた19番など、意外とあったけれどもほとんど印象に残っていない。

 

この交響曲第23番は1941年の作曲。

深刻な暗い響きの中に密かに顔を出す懐かしくも甘いメロディ。

悪くはないけれど時代遅れのロシアのローカルな交響曲。

同年にショスタコーヴィチは交響曲第7番「レニングラード」を作曲している。

 

プロコフィエフと音楽院で同級生だったとは思えないほど超保守的な作風だ。

 

同時代のラフマニノフに似ているようだけれど、ラフマニノフの作品のような洗練された高揚感は感じられない。

この保守的な作風が受けてスターリン賞を最多6回受賞している。

だが今や忘れられつつある作曲家。

 

Youtubeはミャスコフスキーの交響曲第24番

| | コメント (0)

2024年4月21日 (日)

メンゲルベルクのシューベルト

晴れのち曇り夕方から雨。

入社時の同期で今は結婚してオーストラリアのタスマニアに住む女性が訪ねてきた。

彼女とは交流は全く途絶えていたけれどfacebookがきっかけでの再会。

コロナも明けたし高齢になった両親に会うためのしばしの帰郷らしい。

 

実にほぼ40年ぶりの再会だったのに、彼女はほとんど変わっていなかった。

傍らにジョン・レノン似の御主人。
ご主人はかつてトランペットを吹いていたとのこと。

彼女は現在小学校の教師。

オーストラリアでは定年がないのだという。

 

彼女とお互いの近況や同期の現在、昨今のオーストラリア事情など。

社会的な問題では日本と同じような問題があることに驚く。

団塊の世代、そして中心市街地での個人商店の廃業そのほか。

 

渡航前に私からもらったサティのピアノ曲集を今でも持っているとのこと。

そんなことがあったんだ・・・

全く忘れていました。

 

今回の沼響の第40回定演の演奏曲、シューベルトの交響曲第8番ハ長調「グレート」を聴く。

この曲は第10回定演でも取り上げていて、その時は第9番だった。

今回の沼響はブライトコップ新版を使用して演奏する。

 

聴いたのはオランダの巨匠、ウイレム・メンゲルベルクの演奏。

日本フォノグラムから出ていた廉価盤LP.

M04466001

・交響曲第9(8)番 ハ長調 「グレート」 :シューベルト

 ウイレム・メンゲルベルク (指揮)
 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
    

   録音 1940年12月19日  アムステルダム、コンセルトヘボウ 
                        (ライヴ録音)

 

メンゲルベルクの指揮棒で譜面台を叩くカチカチ!という音で演奏が始まる

録音は思いのほか良い。

 

さぞや甘い演奏かと想像したらキリッと引き締まった速いテンポの演奏。

沼響で練習していて一番演奏が難しいと感じている第2楽章中間部の寂寥感がなんともいえない。

そして怒濤の最終楽章。

 

1940年の5月にオランダはドイツに降伏、これはドイツ占領下での演奏。

アンサンブルの精密さが半端でなく、厳しさの中にもほのかなロマンティックなテイストが感じられる名演だ。

終わった後の盛大な拍手も収録されている。

 

戦争の焔が世界中で広がり始めている現在を思うと、聴いていていろいろと複雑な気持ちになってきた。

 

Youtubeはメンゲルベルクの「グレート」

| | コメント (0)

2024年4月20日 (土)

Kさん宅でアキュフェーズの創立50周年記念モデル、ディジタル・プロセッサーDC1000を聴く

晴れ時々曇り。気温も6月なみの暖かさ。

昨日朝、出勤しようとしたら昨日の黄砂まみれの雨のために車がまだら模様。

せっかく洗車したのに台無し。

 

木曜オフで職場の先輩、Kさん宅へ遊びに行っていた。

オーディオだけの一軒家。音楽を聴くためだけの家。

行くたびに再生環境が微妙に変わっている。

 

Img_20240418_160701

今回訪問したら米ウエスタン・エレクトリック社の巨大なスピーカーを、ディジタル・プロセッサーの最高峰アキュフェーズのDC1000でドライヴ。


アキュフェーズ創立50周年記念モデル。

 

スピーカーの前にソナス・ファーベルのスピーカー「クレモナ」が置いてある。

これもペアで100万超えの高級スピーカー。


Img_20240418_160454

もう年なので、巨大なウエスタンからこちらに乗り換えようと思ったとのこと。

 

今日はネットワークオーディオのみの視聴となった。


Uccg45052_wne_extralarge

 

ショスタコーヴィッチの交響曲第11番をカエターニとヤンソンスで聴き比べたり、ムターのヴァイオリンや私のリクエストでグルダのドビュッシーやマゼールのシベリウスを聴いたり・・・・と2時間余り。

 

カエターニを聴いた時は音の密度がアンバランスな形で固まっているのが気になったけれども、ヤンソンス盤は演奏も録音も良くて目の前を広大な音のパノラマが広がっていた。


41p1nnrfwpl_ac_

ソナス・ファーベルも良いスピーカーだけれどウエスタンには負けていた。

 

さすがにこれくらいのハイエンドオーディオとなると再生するソースの録音上の欠点をモロに出してしまっている。

マゼールが読響に客演したときの「復活」ライヴなど、音がキンキンと暴れていてとても最後まで聞き通せない。
販売目的でない一発採りのライヴの限界か・・・・


Img_20240418_160514

その反面良い録音(新しい録音とは限らない)はツボにはまると素晴らしい音。

 

ここのウエスタンで聴く50年以上前のコルトレーンのサックスは、奏者の微妙な息づかいと心の揺れまでが再生されて絶品だった。

 

オーディオはお金をかければ良い音がするわけではなく、この家ができたときはあまり良いとは思わなかったけれど、訪れる度に最新で最高水準の情報を仕入れていて音が改善されているのが凄い。

演奏者も常に新しい人を見つけて教えていただいています。

場所は沼津の駅に近い中心市街地、大音量でも全然外に漏れていなかった。

この部屋は昨年音楽の友社の「stereo」誌で紹介されている。

 

| | コメント (0)

2024年4月17日 (水)

本日の練習、本番まで2週間あまり

ここ数日の暑さで今日は車にエアコン。

この時期は花粉症と黄砂の影響で咳がしばらく止まらない。

本日オフで母の面会のあと畑作業。

いきつけのガソリンスタンドでガソリンを入れていたら、洗車と各所チェック半額キャンペーン中ということでいろいろと診てもらった。

エアコンのフィルターがひどく汚れていて、どうも最近エアコンの効きが悪いと思った。

 

今日は水曜だけれど変則的にオケの練習。


437913588_7517628738356448_5239576962316 沼響第40回定期演奏会の本番まであと2週間あまりとなった。

 

大ホールでシューベルトの交響曲第8番「グレート」とバルトークのルーマニア民族舞曲。
喜古恵理香先生の指揮も力が入る。
437953680_7517628411689814_6288647867695

シューベルトは降り番なので、バルトーク最後の数分間のために練習に出席。

客席でシューベルトを観戦。

第3楽章はなかなかよかったけれど、第2楽章の難しさを痛感。

 

合間に沼響の後援会や定演関係でいろいろな打ち合わせがあったので、出席していてよかった。

プログラムも初稿が出来上がってきて40周年にふさわしいものになりそうだ。。

 

Youtubeはアンドレス・オロスコ=エストラーダ指揮の「グレート」

| | コメント (0)

2024年4月16日 (火)

ジャン・フルネとパリ音楽院管のドビュッシーとラヴェル

4月も半ば、日曜の最高気温は三島で26度の夏日。

お花畑で花を見つめるポコ。


438100403_7508575299261792_8683431745569

先週半ばから孫が帰省してきて週末はその世話で終わる。

 

日曜は町内一斉の側溝清掃で昨日朝はゴミ当番。

自宅界隈は古い農家と新しい家が混在する場所。

特にここ数年の新築ラッシュで若い世代の家族が急に増えた。

 

役員は順番が決まっていて持ち回り。

この4月で役員の交代が有り引継ぎが十分でなくていろいろと混乱。

 

フランスの巨匠ジャン・フルネとパリ音楽院管の録音からドビュッシーとラヴェル。

蘭PHILIPSのLP。オリジナルはEPIC.

R1251663315368121513021_20240417092501

・夜想曲         :ドビュッシー
・スペイン狂詩曲     :ラヴェル
・古風なメヌエット    :ラヴェル

  ジャン・フルネ(指揮)
  パリ音楽院管弦楽団、合唱団

          初出 1953年12月 

フルネが指揮したフランスのオケの録音はラムルー管ばかりで、パリ音楽院との録音は非常に少ない。

自分が知る限りでは、この盤のほかはミショーの歌うシャブリエや「選ばれた乙女」などのDECCA録音くらい。

 

フルネのラヴェル録音も珍しく、東京都響とのマメールロワやボレロなどの一連の録音はあるものの、他のオケを振った録音はこの1枚とオランダ放送管との映像での「ラ・ヴァルス」くらいしか見たことがない。

古風なメヌエットはおそらく唯一の録音。

 

フルネは何度も来日していたので、特に80年代前半は毎年のように聴きに行っていた。

ショーソンやフロラン・シュミット、デユカス、ルーセルなど思い出深い演奏は多い。

1984年12月19日に練馬で聴いたファミリーコンサートでは「牧神の午後への前奏曲」と「魔法使いの弟子」、前橋汀子のヴァイオリンでショーソンの「詩曲」、サン=サーンスの序奏とロンド・カプリチオーソ op.28最後に「ボレロ」という魅力的なプログラムの演奏会があって、中でもデュカスが非常な名演だった。

 

この盤の「夜想曲」では他にチェコフィル、オランダ放送管、東京都響の3種のステレオ録音があるけれど、このパリ音楽院盤がモノラルながらふわりとした美しい大気が感じられて一番良い。

いろいろな事情があるようだけれどもこの見事な演奏を聴くと、パリ音楽院管ともっと多くの録音を残して欲しかった。

 

Youtubeはフルネのボレロ

| | コメント (0)

2024年4月13日 (土)

ロロフのメンデルスゾーン、ピアノ協奏曲

良く晴れた土曜日の朝。


Img_20240413_075202

水温む狩野川辺からの春の富士。

絶好の行楽日和で桜の花も場所によっては楽しむことができる。

こちらは本日の富士霊園


434575230_7453010088112650_7729109322140

画像は友人から借用しました。

 

花粉が盛大に飛散中、この時期恒例の咳込が始まって難儀。

 

ドイツのピアニスト、ヘルムート・ロロフのメンデルスゾーンを聴く

独逸グラモフォンの珍しいアルゼンチンプレスのモノラルLP。

3年ほど前にアルゼンチンに赴任していた父の形見だという方から譲っていだいたLP

 

R1444413715747531058253

・ピアノ協奏曲第1番 ト短調
・ピアノ協奏曲第2番 ニ短調   :以上メンデルスゾーン

 ヘルムート・ロロフ(ピアノ)
   フリッツ・レーマン(指揮)
   バンベルク交響楽団
                     録音 1950年代

 

ロロフは、来日もしていて門下には園田高広や山根美代子などの世代のピアニストが教えを受けている。


指揮のレーマン(1904-1956)もドイツの指揮者、50代初めにマタイ受難曲を指揮している最中に急逝。

ロロフが残したステレオ期のメンデルスゾーンの「無言歌曲集」の録音は、EMIから何度も出ていてCDにもなっている。

 

メンデルスゾーンのピアノ協奏曲は、抜群の知名度を誇るヴァイオリン協奏曲に比べると影は薄いけれども、良い演奏で聞くとなかなかの名曲。

この2曲ともヴァイオリン協奏曲と同じく、各楽章途切れなく演奏される。

そもそもヴァイオリン協奏曲は最初ピアノ協奏曲として着想され、その形で第2楽章まで完成されている。確か補筆完成されたピアノ版のヴァイオリン協奏曲ホ短調の録音も出ていたと思う。

 

そしてこのロロフ。

一昔前の独逸の良い意味でのローカル色も感じられる中で、しっかりとした技巧で端正に歌い上げている良い演奏だ。

幾分ノンキなレーマンの伴奏もツボはちゃんと抑えているし、バンベルク響の渋めの音を効果的に生かしているのが良い。

 

Youtubeはヨハンナ・ハニコーヴァの弾くメンデルスゾーンのピアノ協奏曲第2番、指揮はホルン奏者として有名なバボラーク

| | コメント (0)

2024年4月12日 (金)

本日の練習、本番まであと一ヶ月

曇り時々雨。

昨日は良い天気だったけれども今日は桜雨。

桜は散り始めている。

 

今週職場の新旧職員での昼食会。

コロナ禍以来、歓迎の宴会が昼食会に変わってしまっている。

仕事中なので酒は無し。

寂しいけれど若い職員たちはそれなりに楽しんでいる。

昭和世代の自分としては宴会がなくなり寂しいな。


Dsc_1891

デリバリーは釜寅の釜飯でした。

 

 

昨晩はオケの練習。

いよいよ本番まで一ヶ月を切った。


437574720_7491650830954239_8642685195493

大ホールでの練習。

喜古恵理香先生の指揮で伊福部昭の「シンフォニア・タプカーラ」とバルトークの「ルーマニア民族舞曲」。


432945557_7491651064287549_8546390931090

 

打楽器も揃ってテンションも急上昇、熱く燃える熱狂の音楽。

 

Youtubeはアリス=紗良・オットが弾く「ルーマニア民俗舞曲」

| | コメント (0)

2024年4月 9日 (火)

最古のオペラ、ペーリの「エウリデーチェ」

雨時々曇り。寒暖差が大きく大雨の予報ははずれて朝から普通の雨。

急に気温が上昇したためか、今年は桜の咲く時期が短く家の近くの桜は散り始めている。

 

毎年気になっている裏山の斜面に自生している野生のオオシマザクラを雨の中見に行くと散り始めていた。


Dsc02598_20240409222601

こちらは3年前の満開の時の画像。

 

ソメイヨシノの原種オオシマザクラ。


Dsc02599_20240409222701

気品のある白い姿をみるとほっとする。

 

 

昨日オフで午、前中に畑で放置していた花が咲いてしまったダイコンとブロッコリーを片付けた。

こちらは昨日日曜の朝、孫と畑で遊んだときのもの。


Dsc_1884

花のまわりに蝶が舞っていた。


Dsc_18812

 

現存する最古のオペラ、ヤコボ・ペーリの「エウリデーチェ」を聴く。

伊Arcophonから出ていたLP2枚組

5年ほど前に、もよりのハードオフに出現した稀少外盤100円均一大量投げ売り時に購入したもの。

 

R688937314288433166386

 

歌劇「エウリディーチェ」    :ヤコポ・ペーリ:
(プロローグと5場)

トラゲティア/ヴェネーレ/プロセルピーナ・・・アデーレ・ボーネイ(C-A)
エウリディーチェ…ナリア・サンティーニ(S)
オルフェオ…ロドルフォ・ファロルフィ(T)
アルチェトーロ…ガストン・サルティ(Br)
ティルシ/アミンタ…フランコ・ギッティ(T)
ダフネ…エレーナ・バルチス(S)

アンジェロ・エフリキアン(指揮)
イ・ソリスティ・ディ・ミラノ
コーロ・ポリフォニコ・ディ・ミラノ/ジュセッペ・ベルトーラ(合唱指揮)

    録音 1967年6月10-19日 イタリア ミラノ,ヴィラ・リッタ

 

最古のオペラは、同じペーリが1590年ころに作曲した「ダフネ」だと言われているが、楽譜は現存していない。

この「エウリディーチェ」が現存する最古のオペラ。

上演の際には同時期の作曲家ジュリオ・カッチーニの作品も含まれた形で上演されている。

 

上演のメンバーがカッチーニ一門という、おとなの理由があった関係らしい。

ほどなくしてカッチーニも同名のオペラを発表している。

 

最古のオペラということでさぞや古拙なオペラだろうと思い込んでいたら、輝かしい管楽器群のファンファーレで始まるプロローグで驚く。

 

エフリアキンの演奏が良いためか、聴いていて冗長さは感じられない。

シンプルでありながらしっかりと構成された曲だと思う。

 

Youtubeはペーリの「エウリディーチェ」

| | コメント (0)

2024年4月 6日 (土)

緊急地震速報のチャイムは伊福部昭のシンフォニア・タプカーラ

曇りのち晴れ。

隣のおばさんが今週急逝して本日通夜で明日葬儀。

月曜の朝に救急車が隣に入っていったので、急ぎ駆けつけたところすでにこと切れていた。

故人は自分が幼き頃からお世話になった方で母と同じ年齢。

前日まで元気に過ごしていて美容院にまで行ったらしい。

あまりにも急だったのでご家族も自分も実感がわかない。

 

故人の家は手広く商売をやっていて施主のおじさんは地元の名士。

通夜の参列者は多かった。

コロナ禍以降、久しぶりに大きな通夜に出た。

 

隣組なので家内は手伝いで自分も出棺から火葬までのおつきあい。

今日明日は沼響の集中練習だったけれども通夜と葬儀でやむなく欠席。

 

 

今週、台湾で大きな地震があり震源に近い南西諸島には津波警報も出ていた。

日本列島は、数百年あるいは千年単位と言われる地震活動期に入っているらしい。

 

Tripart_0001_burst20240403233318597_cove

緊急地震速報のチャイムの作者は伊福部昭の甥の伊福部達博士。

 

このチャイムは、沼響が練習している「シンフォニア・タプカーラ」第3楽章冒頭の和音を元に作られているという。

 

Youtubeはシンフォニア・タプカーラの第3楽章

| | コメント (2)

2024年4月 4日 (木)

小澤征爾、シカゴ響とのブリテン

曇り時々雨。昨日からの雨模様、気温は20度超え。

週末から気温が下がるようだ。

4月に入り人事異動で職場の顔ぶれが様変わり。

若い職員はもう知らない顔ぶればかり。

 

火曜から娘と孫が来ていて家の中が賑やかになっている。


434829114_7463764887076167_3209072962596

先週の金曜日は、沼津市民文化センターでクラシックレコードコンサートの解説だった。

内容は小澤征爾追悼特集。


434850411_7463764617076194_7347311678449

 

実は前回1月も小澤征爾特集で、最初3月は別の内容を考えていたが、逝去を受けて急遽差し替えることにした。


434827005_7463764783742844_8572105006999

 

沼津に小澤征爾が来演した時のプログラムが文化センターに残っていた。


434773911_7463765227076133_8822265489326

 

今回は小澤征爾のキャリアの節目節目の時期の演奏をセレクト。


Dsc_1865

 

中でもシカゴ響にプレートルの代役で登場しセンセーショナルな成功をおさめた後に録音されたブリテンの「青少年のための管弦楽入門(ナレーション無し)」は、小澤征爾がアメリカのメジャーオーケストラとの初録音(協奏曲の伴奏は除く)で、シカゴ響にとっても初レパートリー。

 

べらぼうにうまいオケを豪快にドライブした小澤征爾若き日の名演。

手に汗握る壮大な終曲フーガはシカゴ響の一大デモンストレーション

 

毎回アシスタントをしてくれる文化センターの職員がここで退職となり、4月から担当になる新しく採用された女性職員が見学に来ていた。

話をすると音楽に非常に詳しい。

尋常でない知識なのでいろいろと話をすると音大で楽理専攻だったとのこと!

しかもプラハ音楽院に留学してドヴォルザークの室内楽を学んでいたという。

これは驚いた。

自分よりも音楽はよっぽど詳しいじゃん。

 

Youtubeは小澤征爾指揮シカゴ響の「青少年のための管弦楽入門」

| | コメント (0)

«シルヴァン ・カンブルランのダフニス