« 定演終わる | トップページ | 知られざる(比類なき)フランスの歌 »

2006年5月29日 (月)

バレンボイムの無言歌

定演は終わったが、演奏を聴いた多くの方から感想を頂いた。いずれも好意的な感想ばかりで嬉しい。
チケットを差し上げた近所の老夫婦が自宅に訪れ「この年になって音楽の素晴らしさを初めて知りました。」と言って日高コンプを持って来てくれた。これには恐縮してしまった。

P5240356今日はバレンボイムの弾くメンデルスゾーンの無言歌集を聴く。ドイツグラモフォンへの1973年の全集録音からの抜粋LP。いただき物です。
バレンボイム31才の録音で、この年にエジンバラ音楽祭でオペラデビューを飾り、指揮者として大きく羽ばたき始めた時期の録音だ。1975年からパリ管の音楽監督に就任している。

「ベネチアの舟歌」や「紡ぎ歌」など、おなじみの名曲をバレンボイムはロマンティックに、そしてきわめてビジュアルに描き出していく。歌詞のない歌だからこそ作曲者の意図を汲み、より鮮明にわかりやすく弾いている。それでいて格調の高さも感じさせるのが素晴らしい。

|

« 定演終わる | トップページ | 知られざる(比類なき)フランスの歌 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレンボイムの無言歌:

« 定演終わる | トップページ | 知られざる(比類なき)フランスの歌 »