« フランシス・マクベス自作自演 | トップページ | チャイコフスキーの四季 »

2006年7月20日 (木)

バッハのシャコンヌ、オケ編曲版

今朝のニュースで小澤征爾のリハーサルの模様が放送されていた。
曲はマーラーの「復活」。病もすっかり癒えたようだ。元気な指揮ぶりでマーラーの壮大な世界を描き出していて安心する。

P7200500今日は小澤征爾の演奏が聴きたくなった。聴いたのは1984年の斉藤秀雄メモリアルコンサートのライヴからバッハ(齋藤秀雄編)のシャコンヌ、オーケストラ版。
齋藤秀雄門下がその日のために集まった豪華メンバーによるオケの演奏。このオケがやがてサイトウキネンオーケストラに発展していくが、弦楽器奏者に関する限りこの第一回が最高のメンバーだった。

この演奏がテレビで放送された時には、世界的な奏者がずらりと並ぶ壮観な眺めに圧倒されたものだ。齋藤秀雄の編曲はオーケストラ用の大規模なエチュードのような編曲。異様なほどの熱気に溢れた演奏の良さで聴かせてくれるが、編曲自体は木に竹を接いだような部分も感じられる。

P4090241P7200499同じオケ編でも、色彩的なオーケストラのパレットを効果的に駆使したヨアヒム・ラフや壮大なストコフスキーの編曲の方が、曲としては楽しめる。
ジャケットはスラットキン&BBCフィルとストコフスキー&ロンドン響によるバッハ・トランスクリプションズ。

|

« フランシス・マクベス自作自演 | トップページ | チャイコフスキーの四季 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッハのシャコンヌ、オケ編曲版:

« フランシス・マクベス自作自演 | トップページ | チャイコフスキーの四季 »