« 沼響定期総会 | トップページ | どしゃぶりの中の奉仕作業 »

2006年7月 1日 (土)

クライバー&ベルリンフィルのブラ4

今日は休日、一日中湿度の高い曇り日和だが幸い雨も降らず、先日買った大型の植木用の梯子を取り出して、庭木の剪定をしたりして過ごす。

P7010460今日は久しぶりにブラームスを聴いた。クライバーがベルリンフィルを振ったヴァイゼッカー大統領主催の慈善コンサートのライヴで、イタリアのMemories Excellenceから出ているCD。「コリオラン」序曲、モーツァルトの交響曲第33番、そしてブラームスの交響曲第4番が収録されている1994年録音。

リハーサル中に天井から釣り下がるマイクロフォンを発見したクライバーが、撤去しなければ帰ると言い張ったいわくつきの録音。
これは明らかに本番中の隠し採りのプライヴェート録音。モノラルだが臨場感豊かで鑑賞にはなんら差し支えない。

P7010461クライバーのブラ4にはウィーンフィルを振ったスタジオ録音もあるが、このライヴはスタジオ録音を大きく上回る名演だ。
燃えに燃えたクライバーとベルリンフィル、鋼のような黒光りするベルリンフィルの重厚な響きが怒涛の如く聴き手に迫ってくる。これほど熱くなったベルリンフィルも珍しい。第3楽章のティンパニーの雷のような連打など、常軌を逸脱した凄まじさだ。

結局クライバーがベルリンフィルを振ったのはこのコンサートを含めてわずか2度だった。

|

« 沼響定期総会 | トップページ | どしゃぶりの中の奉仕作業 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クライバー&ベルリンフィルのブラ4:

« 沼響定期総会 | トップページ | どしゃぶりの中の奉仕作業 »