« フリプセのマーラーの交響曲第6番 | トップページ | フリッチャイのリハーサル »

2007年1月13日 (土)

シェルヘンのウェーバー序曲集

良い天気が続く。朝の9時過ぎ、家の横の小道をリュックを背負った人たちがゾロゾロと歩いている。

Numazu_1 裏山の沼津アルプスを登る人たちにしては人数が多い。次から次へとやって来る老若男女たち。軽く百人は超えている。歩いている人に聞いたところ、JR東海が企画した「爽やかウォーキング~香貫山からの眺望と沼津港食堂街ハイキング」というものらしい。
それにしても、家の横の小道は車がやっと一台通れるほどの狭い道。マイナーなルートをよく見つけるものだ。

P1130738 Acoordのフェスティバルシリーズから、シェルヘンの指揮するウェーバー序曲集を聴く。「オベロン」「オイリアンテ」などのウェーバーの序曲が6曲と、リステンパルト&ザール室内管によるメンデルスゾーンの「美しいメルジーネ」序曲というもの。ウェーバーはフランス国立放送局管。

シェルヘンは仏ヴェガ、リステンパルトはディスク・クラブ・フランス原盤。有名な「魔弾の射手」が入っていないのがシェルヘンらしい。
フランスの軽い響きのオケを存分に鳴らしたパリッとした快演。リステンパルトの演奏も品の良い演奏だ。

P1130739 このシェルヘンのアルバムには同時期に録音された対になるアルバムがある。トーマ、ラロ、アダン、ボアルデイユーらの軽い序曲を集めたものだが今回のCD化からは漏れてしまった。
こちらはトーマの「ミニヨン」序曲冒頭のフランス特有の柔らかなクラリネットソロの美しさが印象に残る仏ヴェガのLP。

|

« フリプセのマーラーの交響曲第6番 | トップページ | フリッチャイのリハーサル »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シェルヘンのウェーバー序曲集:

« フリプセのマーラーの交響曲第6番 | トップページ | フリッチャイのリハーサル »