« 本日の練習、ブラ4、1,2楽章 | トップページ | ホルンとオルガンのための北欧音楽 »

2007年4月13日 (金)

ヨッフムとウエルディケのハイドン

午後から雨との天気予報だが迷った末にバイクで職場に向かう。ところが家から出て10分もしないうちに猛烈な雨が降ってきた。
これはたまらずUターン。家に引き返し車に切り替える。おかげで遅刻ぎりぎりで職場に到着。

昨日の大きな会議の終了の余波か、なんとなく気が乗らぬ一日。つまらぬことで職場の女の子に無神経な注意をしてしまった。言ってしまったあと深く反省。今日は定時で帰る事にする。

P1010849 今日はハイドンを聴く事にする。聴いたのはヨッフム指揮のドレスデン国立歌劇場管による交響曲第95番、98番の阿蘭陀フォンタナLP盤。
堂々として自然体、ドレスデンのオケの柔らかな音が美しい。


P1010798_1 もうひとつハイドン。ウエルディケ指揮のウィーンフォルクスオパー管による「戦時のミサ」のヴァンガード盤LP。ソプラノは「オーヴェルニュの歌」で名唱を聞かせたダヴラツが歌っている。他の歌手もデルモータ、ベリーなど50年代ウィーンを代表する歌手たちが歌っている。

こちらも自然体とはいえ、かなりユルイ演奏だ。オケのアンサンブルもノンキなものだ。

一時止んだ雨も深夜になりまた降り始めた。おまけに雷まで盛大に鳴っている。

|

« 本日の練習、ブラ4、1,2楽章 | トップページ | ホルンとオルガンのための北欧音楽 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨッフムとウエルディケのハイドン:

« 本日の練習、ブラ4、1,2楽章 | トップページ | ホルンとオルガンのための北欧音楽 »