« 春の合宿、ブラームス交響曲全集全曲完奏マラソン | トップページ | ジュリーニのモーツァルト、レクイエム »

2007年4月23日 (月)

プラネスのドビュッシー

どんより薄曇の一日。久しぶりにアリアCDからCDが届いた。

P1010861_1 P1010862_1 今回は歌物が中心。フルネの60年代のライヴからベルリオーズ「ファウストの劫罰」とグノーの歌劇「ロメオとジュリエット」で、いずれもBellaVoceのCD。

P1010864_2 P1010863_2 モントゥーののライヴからオッフェンバックの「ホフマン物語」。こちらは55年のメトでのライヴANDROMEDA盤2枚組。

チェコフィルとのベートーヴェン交響曲全集が話題となったP.クレツキがコンセルトヘボウ管を振ったベートーヴェンの交響曲第9番、1953年ライヴ。

P1010860_1 そしてフェブリエ門下のA.プラネスのドビュッシーから「ベルガマスク組曲」「子供の領分」
二つの「映像」、「二つのアラベスク」のハルモニアムンディ盤。

今日はこのプラネスのドビュッシーを聴くことにする。

ここでプラネスは1902年製のライプツィヒの名器、ブリュートナーを使用している。
アリコットシステムという独特の4本弦を使用した艶のある響きに、時代の経過による古雅な味わいが加わり、熟成された芳醇な美しい音を聴かせてくれる。
プラネスの控えめにして着実な演奏も好ましい。

|

« 春の合宿、ブラームス交響曲全集全曲完奏マラソン | トップページ | ジュリーニのモーツァルト、レクイエム »

音盤購入記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラネスのドビュッシー:

« 春の合宿、ブラームス交響曲全集全曲完奏マラソン | トップページ | ジュリーニのモーツァルト、レクイエム »