« 本日の練習、安田先生の戴冠式 | トップページ | 定演終わる »

2007年5月18日 (金)

明日は本番

爽やかな朝、いよいよ明日は本番。今日は仕事を早めに切り上げホールへ急ぐ。
到着後、早速明日のステージの設営にとりかかる。雛壇を組み地下の倉庫から譜面台をステージへ上げる作業。こんなことを20年以上続けている。譜面台両手に何度も階段を往復するうちに息が切れてきた。

やがてメンバーが集まり始めた。練習はアンコールから開始して「悲劇的序曲」、ブラ4と続く。2時間の練習時間では一度通すのが精一杯。細かな部分で注文すべき点はあるが泣いても笑っても明日は本番だ。
自分としてはウォーミングアップ充分で、比較的調子が良い。余裕を持って到着したのが良かったようだ。

P1010037 帰宅後デンマークのオルガニスト、ウルリク=スパング・ハンセンのブクステフーデを聴く。4枚組1,200円程度のクアドロマニアのCD。
渋いワルター・クラフトとは対照的な明るく速めのテンポのハンセン。それでいて軽薄さを感じさせないのが見事だ。録音も良い。

低い声部の同じ動機を何度も繰り返すシャコンヌホ短調が印象に残った。バッハの名曲にも比肩し得る素晴らしい曲だ。暖色系の響きの中に精神的な深さを感じさせる名演。
聴いていてブラ4第4楽章のシャコンヌとオーバーラップしてきた。

|

« 本日の練習、安田先生の戴冠式 | トップページ | 定演終わる »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日は本番:

« 本日の練習、安田先生の戴冠式 | トップページ | 定演終わる »