« スクロヴァチェフスキーのブリテンとエルガー | トップページ | 来年の定演、団員投票 »

2007年7月18日 (水)

セルのシベリウス

雨が降り続いたためだろうか朝から涼しい一日。忙しかった7月も半ばを過ぎた。

P1010130 コンセルトヘボウ・アンソロジー60年代録音集から、セルの指揮するシベリウスの交響曲第2番を聴いた。1964年11月26日のライヴ録音。
細部まで神経を通わせた燃焼度の高い素晴らしい演奏。フィナーレ後半の盛り上がりは感動的だ。

P1010131 この演奏がよほど好評だったのか、直後にフィリップスへスタジオ録音を行っている。70年代には、千円盤LPのグロリアシリーズでも発売されていた。
こちらも隙のない鋭い切れ味の完璧な演奏であるものの、どこか冷めていて楽しめない。ライヴ録音にあった熱気と勢いが感じられないのだ。

|

« スクロヴァチェフスキーのブリテンとエルガー | トップページ | 来年の定演、団員投票 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セルのシベリウス:

« スクロヴァチェフスキーのブリテンとエルガー | トップページ | 来年の定演、団員投票 »