« フルトヴェングラーの「コリオラン」序曲 | トップページ | ワルター&ニューヨークフィルのベートーヴェン »

2007年8月 6日 (月)

ニューヨークフィル・ブラスアンサンブルのエヴァルド

P5080307 毎年6月下旬になると車庫の天井にツバメが巣造りをするのだが、昨年は産み落とした卵ごと巣が落下。今年はもう来ないだろうと思っていたのだが、昨年とは別の場所に巣造りをしてしっかりと子育てをしている。

通常ならそのまま旅立つ時期なのだが、今年は未だに居座り再び卵を産み雛が孵っている。さらに先月生まれて巣立ったはずの子ツバメ達も舞い戻り6羽以上のツバメが常駐する賑やかさだ。おかげて車庫の床はフンが山をなしてしまった。

P1010162 今日は19世紀ロシアのアマチュア作曲家、エヴァルドの金管五重奏曲。50年代のニューヨークフィルの金管奏者たちによるゴールデンクレストのモノラルLP。レトロな雰囲気漂うジャケットに惹かれて購入したもの。
屈託のない躍動感に満ち、まろやかに溶け合ったブラスの響きも美しい名演。

P1010160 アメリカの演奏家でもうひとつ。モートン・グールドがニューフィルハーモニア管を振ったグリーグの交響舞曲とノルウェー舞曲集のカップリングのRCAのLP。
楽器の特性を知り尽くした才人グールドのヴィヴィッドなグリーグ。このようなシンフォニックなグリーグも良いものだ。

|

« フルトヴェングラーの「コリオラン」序曲 | トップページ | ワルター&ニューヨークフィルのベートーヴェン »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークフィル・ブラスアンサンブルのエヴァルド:

« フルトヴェングラーの「コリオラン」序曲 | トップページ | ワルター&ニューヨークフィルのベートーヴェン »