« オルフェウス室内管のプルチネルラ | トップページ | ジャック・ジャンセンのフランス歌曲集 »

2007年9月15日 (土)

中丸三千繪ソプラノ・リサイタル

雨のち晴れ。巷は三連休だが職場にテレビ局の取材が入ることになり出勤。日テレ系全国ネットのニュース番組ということで、二時間ほどの取材とのことだったが、インタビューその他で結局午前中すべてつぶれてしまった。

P1010247 夜は沼津楽友協会秋のコンサート、中丸三千繪ソプラノ・リサイタルに行く。さすがに著名人だけあって、小ホールはほぼ満席。

曲目はヘンデルの「リナルド」から始まり、「アヴェマリア(カッチーニ)」、ドヴォルザーク、ドニゼッティ、シャルパンティエ、中田喜直と越谷達之助の歌曲をはさんで、ヴェルディ、カタラーニ、ベルリーニのオペラアリアの数々。

最初のヘンデル、カッチーニあたりは手探り状態だったのが「アンナ・ボレーナ」あたりからしだいに興に乗り始めた様子。ダイナミックレンジの広い太めの声でたっぷりと歌い上げていく。
中でも得意の「ルィーズ、その日から」は圧巻。後半の「椿姫」、「ワリー」、「ノルマ」からのおなじみのアリアも貫禄の歌唱。

ピアノは菊池真美さん。美しい音色と最上の形で歌を引き立てていく実に見事な伴奏で、まさにプロ中のプロのお仕事。

パヴァロッティに教えを受けた中丸さんが、最後にパヴァロッティの思い出を披露しながら歌い上げたアンコールは実に4曲。
パヴァロッティからレパートリーに入れるように強く勧められたというプッチーニの「燕から、ドレッタ」、映画「ニューシネマパラダイス」、「カヴァレリア・ルスティカーナからアヴェ・マリア」、最後は「ジャンニ=スキッキから私のお父さん」。
久しぶりに聴き応えのあるオペラアリアをたっぷり堪能した一夜。

|

« オルフェウス室内管のプルチネルラ | トップページ | ジャック・ジャンセンのフランス歌曲集 »

コンサート感想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中丸三千繪ソプラノ・リサイタル:

« オルフェウス室内管のプルチネルラ | トップページ | ジャック・ジャンセンのフランス歌曲集 »