« プラネスの「忘れられた映像」 | トップページ | 裾野ファミリーコンサート »

2007年10月20日 (土)

明日は本番

土曜日とはいえ大きなイベントがあり本日出勤。仕事を無事に終え裾野のホールへ車を飛ばし6時半からの練習には辛くも間に合った。明日共演する顔見知りの裾野西中吹奏楽部顧問も顔を出している。

ハープ、チェレスタ、ウィンドマシーン、サンダーマシン、エトセトラ・・・本番で使う打楽器も全て出揃った。コントラファゴット、コールアングレ、6本のホルン。
マーラーでも出来そうな巨大な編成で実に壮観。さらに本番では裾野西中吹奏楽部のメンバーまで加わる。沼響の歴史でこれほど巨大な編成で本番を臨むのは初めてだ。

中西先生の指揮により、「カルメン」前奏曲、「トトロ」「グランドキャニオン」を順番に通していく。カルメンはともかく「トトロ」を演奏していくうちに、無事に今週を終えることができたことの安堵感がこみ上げてきた。心優しい久石譲の音楽。
先週から2回の練習を休んでしまい、今週も多忙なため碌にさらっていないため、今日の練習は自分としては悲惨な出来。
明日は自分のペースを保ちながら慎重に演奏することにしよう。

巨大な編成となり、多少は充実した響きにはなってきたが、皆微妙に音の開始が遅れ気味。もっと周囲の音を聴くべきだろう。
「グランドキャニオン」では自分の真後ろにウインドマシーンが鎮座し、ビュービューと煩いことこのうえなし。
巨大な薄い金属板を吊るした妖怪「一反もめん」のようなサンダーマシーンはオケに隠れて全然聞こえてこない。

裾野は気温が低い。練習後にホールから外に出たとたんにゾクッと来た。どうやら風邪をひいてしまったようだ。

音楽ブログランキングへ

|

« プラネスの「忘れられた映像」 | トップページ | 裾野ファミリーコンサート »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日は本番:

« プラネスの「忘れられた映像」 | トップページ | 裾野ファミリーコンサート »