« スコダの「やさしいモーツァルト」 | トップページ | スクロヴァチェフスキのトッカータとフーガ »

2007年10月29日 (月)

豊田耕児の無伴奏

タワーレコードからCDが届いた。

P1010296 P1010297_3 いずれもタワー独自の企画で、ビクターヘリテージコレクションから豊田耕児の弾くバッハ無伴奏ソナタとパルティータ全曲、朝比奈隆のマーラーの交響曲第8番、同じくマーラーの「復活」を山田一雄の指揮。LP時代に買い逃していたもの。

P1010298_2 P1010299 豊田のバッハは日本人として初の全曲録音。朝比奈のマーラーは、実際に1000人の演奏者がステージに乗った大阪フィル第100回定演のまさに記念碑的なライヴで、当初はCD-4の4チャンネルステレオLP2枚組だった。合唱指揮はゲルハルト・ヒュッシュ。

同じくタワーレコードヴィンテージコレクションから、マイナルディの弾くベートーヴェンチェロソナタ全集。ピアノはカルロ・ゼッキ。

P1010294 そしてH.ピツカ・エディションからデニス・ブレインの吹くベート-ヴェンのホルンソナタのDVD。これは国内盤ではLDが出ていて、最近まで御茶ノ水ディスクユニオンのLDコーナーで高い値が付いていてしばらく売れ残っていた。

音楽ブ ログランキングへ

|

« スコダの「やさしいモーツァルト」 | トップページ | スクロヴァチェフスキのトッカータとフーガ »

音盤購入記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊田耕児の無伴奏:

« スコダの「やさしいモーツァルト」 | トップページ | スクロヴァチェフスキのトッカータとフーガ »