« チェコフィル八重奏団 | トップページ | フランツ・シュミットのプレリュードとフーガ »

2007年10月 2日 (火)

デュリュフレのレクイエム

当初から今年最大の山場は10月だと覚悟していたが、週の初めから予想外の大きな課題続出。対応に追われ夜遅くまで残ることになってしまった。

P1010273 このような疲れた日にはデユリュフレのレクイエム。清楚で純な心が洗われるような音楽。
グラーデン指揮の聖ヤコブ室内合唱団によるBISのCDで、オルガンとチェロ独奏版による演奏だ。


P1010271_2 沼響のHPの聴きくらべコラム、「ブラームスの4番を聴く」にミトロプーロスの演奏の感想をアップしました。連載30回目。

|

« チェコフィル八重奏団 | トップページ | フランツ・シュミットのプレリュードとフーガ »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デュリュフレのレクイエム:

« チェコフィル八重奏団 | トップページ | フランツ・シュミットのプレリュードとフーガ »