« シュナイトのラヴェル | トップページ | ジネット・ドワイアンの無言歌 »

2008年2月 6日 (水)

ジュリーニ、二つのフランク

どんよりとした曇り空、本日は伊豆の国市で県内同業者トップを集めた今年度最後の会議が有り、事務局として出席。

特に問題もなく会議は進行するが会場の暖房が不調。会議途中でとうとう止まってしまい室内はシンシンとした寒さに包まれた。外はいつしか雨模様となり今にも雪に変わりそうだ。眠気を誘う午後だがとてもそれどころではない。年配者が多いお偉方たちも寒さに耐えながら審議をこなしていく。自分も咳き込みそうになるのをなんとか堪えながら事務局説明をおこなう。かなり辛い会議となってしまった。

Tirashi 帰り間際に会場のロビーで、海瀬京子さんが出演する「狩野川クラシックコンサート」のポスターを見つけた。ポスターの前で立ち止まっていたら案内をしてくれていた会場の女性職員が「地元の方でコンクールで日本一になったピアニストです」と説明してくれた。自分はただただニコニコしながらウンウンと頷きました。

P1010332 今日はジュリーニの指揮するフランクの交響曲。三つあるうちの第一回めのフィルハーモニア管との1957年録音とベルリンフィルとの1986年録音を聴いた。

エネルギッシュで強烈なカンタービレを効かせ聴き手を引っ張っていくフィルハーモニア管との演奏。手持ちは70年代のセラフィムの国内盤LP。

P1010333 ベルリンフィルとの再録は細部を磨き上げ、深く深く沈潜していく内省的な美しさで旧盤とはまた異なる魅力の名盤。両端楽章の演奏時間は3分近くも遅くなった。

|

« シュナイトのラヴェル | トップページ | ジネット・ドワイアンの無言歌 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュリーニ、二つのフランク:

« シュナイトのラヴェル | トップページ | ジネット・ドワイアンの無言歌 »