« ラインベルガーのバッハ | トップページ | スウォーザウトのフランス歌曲集 »

2008年3月 1日 (土)

フェリアーのヘンデル

2週間休日なしで朝帰りの日が続いているが、ようやく一筋の光明が見えてきた。今日から3月。どうやら春が近づいてきたようだ。今までの不具合を整理し22時帰宅。

P1010342 今日は、気分が沈みがちの時によく聴く、とっておきの2つの演奏を聴いた。2曲ともヘンデルで、一曲は歌劇「ジュリアス・シーザー」からアリア「物音ひとつせず」。マギーガン指揮のフィルハーモニアバロックによるハルモニアムンディのCD。

カウンターテナーとバロックホルンのダブルコンチェルトのような曲。快活で格調の高い曲と演奏、ホルンの唖然とするうまさに聴いていて自然と気分が高揚してくる名演だ。

P1010343 特に続いてイギリスの名コントラルト、キャサリーン・フェリアーの歌うオラトリオ「サムソン」から「万軍の主よ帰りたまえ」。

フェリアーが死の一年前にDECCAに残したバッハ・ヘンデルアリア集から。伴奏はボールト指揮のロンドンフィル。

死を目前にしながらも毅然としたスタイルの中に深い情愛が感じられ、聴いていて自然と泣けてくる感動的な名唱だ。1952年録音のモノラルだがフェリアーの死後に共演したメンバーが再び集まり伴奏部分のみステレオで再録音をおこなっている。

P1010339 沼響のHPの聴き比べコラム「ラフマニノフの2番を聴く」に一年ぶりに記事をアップしました。聴いたのは尾高忠明によるニンバス盤CD.

|

« ラインベルガーのバッハ | トップページ | スウォーザウトのフランス歌曲集 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

Hello! Good Site! Thanks you! http://famnrevakvznmi.com

投稿: ihcqyhqoyp | 2008年3月24日 (月) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェリアーのヘンデル:

« ラインベルガーのバッハ | トップページ | スウォーザウトのフランス歌曲集 »