« スメターチェクのロッシーニ序曲集 | トップページ | エルネスト・ブールのジョリベ »

2008年4月17日 (木)

シュトウツのシューベルト

曇り後雨、深夜から雨強し。今日はオケの練習日だが、降り番のベートーヴェンなので参加せずに帰宅。ここのところ定時とはいかぬが、9時前には帰れるようになった。

帰宅後、今日が〆切の定演のプログラム原稿を仕上げてメールで事務局へ送る。自分の悪い癖で、どうも〆切直前にならないと頭の中で文章が発酵せず、書く気にならない。

P1010370 ヤフオクで購入したLPの続きを2枚。

スイスの指揮者、エドモンド・シュトウツが手兵チューリッヒ室内管を振ったシューベルト若書きの序曲ハ短調とドイツ舞曲、メヌエット数曲を集めたドイツ盤LP。

P1010377 そしてロシアの指揮者、イワーノフがソビエト国立響を振ったチャイコフスキーの交響曲第4番のメロディア原盤のアルティアLP。

コテコテのロシア訛りのチャイコフスキーが聴けそうだ。

|

« スメターチェクのロッシーニ序曲集 | トップページ | エルネスト・ブールのジョリベ »

音盤購入記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュトウツのシューベルト:

« スメターチェクのロッシーニ序曲集 | トップページ | エルネスト・ブールのジョリベ »