« マルクジンスキーのラフマニノフ | トップページ | ガソリン売れきれ »

2008年4月29日 (火)

ラ・フォルジュルネ、今年はシューベルト

今年も「ラ・フォルジュルネ」の季節がやってきた。今年の特集はシューベルト。http://www.lfj.jp/lfj_2008/

今年も連休の予定が直前まではっきりしなかったので、チケットは売れ残っていた5月3日の小菅優とボルドーアルテキーヌ管によるコンサート・チケットを購入。フォルジュルネで一枚3千円はちと高いが、その分無料コンサートを効率よく回ろう。

昨年は夜の10時開演のケフェレックのコンサートで非常に良かった。

P1010388 というわけで、今日はシューベルト。シューベルトが好んでいたというギターの入った室内楽で、フルート、ギター、ヴィオラのための四重奏曲とヴァイオリン、ギター、チェロのための8つのメヌエット。

演奏はフルートのブールダンやヴァイオリンのジェラーリ・ジャリ、ギターのアントニオ・メンブラートその他というフランスの人たちによるフィリップスのLP。

Schubertiade01 四重奏曲の原曲はW.マティーカ、メヌエットは作曲者不詳の作品集から、シューベルトがわが家で開催していたサロンコンサートの編成に合わせて編曲したもの。

おそらくシューベルトが手を加えなければ忘れ去られていた作品たち。天才の手で新たな生命を吹き込まれた逸品。

|

« マルクジンスキーのラフマニノフ | トップページ | ガソリン売れきれ »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォルジュルネ、今年はシューベルト:

« マルクジンスキーのラフマニノフ | トップページ | ガソリン売れきれ »