« ベト7観戦 | トップページ | エテルナ・エディションのバッハ »

2008年5月17日 (土)

グローニンゲンのシュニットガー・オルガン

爽やかで穏かな週末の一日。本日も一日仕事。心地よい午後の日差しの中、ついついウトウトとしてしまった。

P1010415 今日はオランダの都市グローニンゲンにあるAa-Kerkのオルガンの銘器アルプ・シュニットガーオルガンの音を聴く。

演奏はAa-KerkのカントールのJohan van Meursとオランダを代表するオルガニスト、Klaas Boltによるテレマン、フィッシャー、バッハのコラール・プレリュードの数々。

高原の爽やかな大気の中に包まれるような澄み切ったシュニットガーオルガンの音色。何度聴いても心が洗われるようだ。

中でもF.W.Zachowという作曲家の有名なコラール「Jes meine Frunde」によるパルティータに非常な感銘を受けた。

レーベル名も不明なヤフオクで落とした謎のアルバム。現地の教会で売っていたLPではなかろうか。

|

« ベト7観戦 | トップページ | エテルナ・エディションのバッハ »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グローニンゲンのシュニットガー・オルガン:

« ベト7観戦 | トップページ | エテルナ・エディションのバッハ »