« Jean-Rodolphe Karsのドビュッシー | トップページ | ベト7観戦 »

2008年5月14日 (水)

マルクジンスキーのショパン

雨のち晴れ。ミャンマーのサイクロンに続き、中国四川省の大地震。両国とも他国の人的支援を拒否し被害の全貌が見えてこないのが共通している。

P1010414 今日は先日個性的なラフマニノフを聴かせてくれたポーランドのピアニスト、マルクジンスキーのショパン。

聴いたのはEMIのスタジオ録音でピアノ協奏曲第2番。伴奏はジュスキント指揮するロンドン響の東芝セラフィムのLPだ。

今や聴かれなくなった土俗的なショパン。ラフマニノフと同様、独特のルバートとテンポの揺れが個性的だ。インターナショナルな音楽となったショパンとは異なるスタイルだが、ショパンが生きていた時代の演奏スタイルを今に伝えるものかもしれない。

第2楽章に聴かれる絶妙な間は独特の魅力があり、ある種の毒を含んだ演奏。好悪は分かれそうだが、ショパンコンクール第3位という実績以上の説得力のあるショパン。ジュスキントの伴奏もソリストと同化した見事なもの。

P1010411 沼響のHPの聴き比べコラム「ベートーヴェンの7番を聴く」にクナッパーツブッシュの1929年録音の感想をアップしました。

|

« Jean-Rodolphe Karsのドビュッシー | トップページ | ベト7観戦 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルクジンスキーのショパン:

« Jean-Rodolphe Karsのドビュッシー | トップページ | ベト7観戦 »