« ビアンカのガーシュイン | トップページ | ツェルネッカのメンデルスゾーン »

2008年6月21日 (土)

ニコラス・ダニエルのオーボエ

今日は来週に迫った大きな会議の資料作成のために出勤。外はどんよりとした梅雨空。連日の雨に狩野川の水位も上がっている。

P1010457_2 今日はイギリスのオーボエ奏者N.ダニエルのオーボエを聴いた。Perlから出ていたLPで、Howells、Finzi、Pattersonらの世界初録音を集めたアルバム。ピアノはJ.Drakeが弾いている。ジャケットの写真は二人とも若いが、今はそれなりの年のはず。

お目当ては心優しきFinziの作品だったが、他の二人の作品も楽しめた。演奏は着実なテクニックと芯の太い音色の見事なもの。

|

« ビアンカのガーシュイン | トップページ | ツェルネッカのメンデルスゾーン »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニコラス・ダニエルのオーボエ:

« ビアンカのガーシュイン | トップページ | ツェルネッカのメンデルスゾーン »