« イノシシ跳梁跋扈す | トップページ | 大栗裕の「天の岩戸の物語による神話」 »

2008年8月 1日 (金)

スゼーの「詩人の恋」

今日から8月。懸念された今年の大きな山のひとつは、ほぼ自分の思い通りに進んだもののこれからがいよいよ本格始動。すでに8月後半から年末までの土日祝日に仕事の予定が続々と入り始めている。嗚呼、夏休みが取りたい。

P1010514 今日の一枚はフランスのバリトン、ジェラール・スゼーの歌うシューマンの歌曲。

フィリップスのアーティスト・ギャラリーシリーズ中のLPで、歌曲集「詩人の恋」全曲のほか「二人の擲弾兵」エトセトラ。

P4030233 スゼーの「詩人の恋」では、若い頃のライヴがコルトーの伴奏で出ていた。こちらはチェトラから出ていた録音で、コルトーのピアノを聴くべきアルバム。

フィリップスへのステレオ録音は、軽く柔らかな淡彩色のシューマン。ライヴ録音と比べると、甘く熟し過ぎた果実のような崩しが多少気になるが、これもひとつの演奏スタイルだろう。ボールドウィンのピアノは非常にうまい。

P1010515 もうひとつ、イヴォンヌ・ミントンの歌うマーラーの「さすらう若人の歌」。

DECCAへの録音でショルティ指揮シカゴ響の伴奏で交響曲第6番とのカップリング。1970年のアナログ録音。

|

« イノシシ跳梁跋扈す | トップページ | 大栗裕の「天の岩戸の物語による神話」 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スゼーの「詩人の恋」:

« イノシシ跳梁跋扈す | トップページ | 大栗裕の「天の岩戸の物語による神話」 »