« ホーレンシュタイン、チェコフィルのブラームス | トップページ | フランク・マルタンのバラード »

2008年8月23日 (土)

フィエスタ!

曇り時々雨。気温も下がりクーラーが不要なほど。

2008082300000117reuspoview000  北京オリンピック男子400メートルリレーでの日本チームの銅メダル獲得。有力なチームが予選で消えた僥倖があったとはいえ、トラック競技では1928年のアムステルダムオリンピックの人見絹枝以来の快挙だ。今回のオリンピックの中では一番印象に残るシーンとなりそうだ。

夕方になって遠くで花火の音が聞こえてきた。

2008082320000001_2 千本海岸で「サンセットページェント」が行われている。2000発の花火が打ち上げられる海上花火大会だ。

海上から10キロ以上離れている我が 家の窓からも良く見える。大会の最後を飾る巨大な20号玉の輝きが消えると今年の夏ももう終わり。

今日はお祭りの音楽。ドナルド・ハンスバーガー指揮するイーストマン・ウィンドアンサンブルによる「フィエスタ!」というアルバムで、MCA原盤のLP。

P1010513 曲はオーウェン・リードの「メキシコの祭り」、サリナックの「異教徒イベリア人の儀式と踊り」、そしてニクソンの「太平洋の祭り」というもの。

ハンスバーガーがこのアンサンブルの音楽監督に就任した直後のアルバム。吹奏楽曲とはいえ音楽性の高い逸品揃い。特にオケの管楽編成を基準としたサリナックの作品が印象深い。

P1010512 続いてストコフスキーのロイヤルアルバートホールでのライヴ。

BBCレジェンドのCDで、1969年の収録。曲は序曲「1812年」、「はげ山の一夜」、グリンカ「カマリンスカヤ」、ショスタコーヴィッチの「プレリュード」、ストラヴィンスキーの「パストラーレ」、リヤードフの「八つのロシア民謡」、スクリャービンの「法悦の詩」、そして最後に「韃靼人の踊り」という実に盛りだくさんな一夜のコンサート。

オケはロイヤルフィルに近衛兵軍楽隊やウェールズ・ナショナルオペラの合唱団まで動員した豪華なもの。変化に富んだ演奏に絶妙な曲目配置。聴き手を飽きさせないのはさすがだ。同じ時期のスタジオ録音に比べ、祭りだワッショイ的気分のノリノリの高揚感が実に楽しい。お客も大いに沸いている。

|

« ホーレンシュタイン、チェコフィルのブラームス | トップページ | フランク・マルタンのバラード »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162820/42250602

この記事へのトラックバック一覧です: フィエスタ!:

» 人見絹枝以来 [紅]
萩の月 日本、400リレー銅メダル=トラック80年ぶり、男子初の快挙〔五輪・陸上〕時事通信日本勢が五輪のトラック種目でメダルを獲得したのは1928年アムステルダム大会女... [続きを読む]

受信: 2008年8月23日 (土) 22時04分

« ホーレンシュタイン、チェコフィルのブラームス | トップページ | フランク・マルタンのバラード »