« フランス6人組記念演奏会 | トップページ | コルボのフォーレ »

2008年9月29日 (月)

モラルトのサンマルティーニとコレルリ

本日の最高気温は18度、肌寒い雨の一日となった。

ヤフオクで落としたLPの続き。

P1010570 Grischkathans 米VOXのLPで、H.Grischkat指揮するシュトゥットガルトプロムジカによる、ヴィヴァルディの詩篇111番。

H.Grischkatはバッハのカンタータの録音がいくつか出ていた。最も有名なものは、名歌手ヴィンダーリッヒを起用したロ短調ミサだろう。

P1010565 P1010563 米MGMでは、E.Bartlett & R.Robertsonのピアノデユオによるストラヴィンスキーの2台のピアノための曲4曲を集めたもの。

米ウエストミンスターの初期のLPから2枚。ルドルフ・モラルト指揮のウィーン響によるサンマルティニー、コレルリの合奏協奏曲とトリオソナタ。

P1010560 ヘルマン・シェルヘン指揮のウィーン国立歌劇場管によるバッハのカンタータから53,54、170番。

ソプラノはレッセル=マイダンが歌っている。

P1010559 P1010572 そしてシューベルトを2枚。シュワルツコップとエドウィン・フィッシャーによる歌曲集コロンビア盤と、ブタペストカルテットのメンバーとホルショフスキーのピアノによる「鱒」。こちらは米コロンビア盤。

CDに復刻されたものも数多いが、これらの初期のLPの数々を手に取ると、丁寧に作られたジャケットと詳細な解説に、当事の製作者たちの意気込みが自然と伝わってくる。

|

« フランス6人組記念演奏会 | トップページ | コルボのフォーレ »

音盤購入記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モラルトのサンマルティーニとコレルリ:

« フランス6人組記念演奏会 | トップページ | コルボのフォーレ »