« トスカニーニのミサ・ソレニムス | トップページ | フルネの「夏の牧歌」 »

2008年9月 7日 (日)

ルルーのトゥランガリラ交響曲、LP盤

残暑続く、夕方から激しい雷雨。これから忙しくなるというのに、夏の疲れがそろそろ出始めたようだ。全身のだるさが抜けない。土日でゆっくり疲れを取りたいところだが、本日も出勤。これから長い一週間が始まる。

P1010528 帰宅したらヤフオクで落としたLPが届いていた。先日CDで聴いたばかりのルルー指揮のメシアン「トゥランガリラ交響曲」。

ACCORDのCDの音があまりにも甘すぎるので、LPと聴き比べてみたかった。ちょうど国内盤が比較的廉く出ていたので落札。オリジナルのヴェガ盤はかなり高価だが、国内盤はさほどでもない。

ヴェガ盤と同じく真紅のクロスの箱が目に眩しい。しかも芸術祭参加アルバムということで、メシアンの自筆譜をふんだんに使った解説が非常に充実している。オンド・マルトノの基本的な説明や、メシアンの対談が収録されているのも嬉しい。

P1010530 P1010531_2 そして自身もハープのための素敵な作品を書いているマルセル・グランジャニーの弾く「スペイン、ハープ曲集」。

カベソン、ソルといった古典的な作曲家から、アルベニス、グラナドス、ファリアたちの作品を集めた米キャピトル盤LP。

ロッテ・レーマン75歳記念アルバム、コロンビア盤LP。こちらは1941年録音のレーマンの未発表録音を集めたもの。

P1010529 そしてN響への客演でおなじみのワルベルク指揮バンベルク響によるモーツァルト交響曲第40番。

オイロディスク原盤による日本コロンビアLP.オークションの表記では「ジュピター」とのカップリングと書いてあったが。「ジュピター」はパウムガルトナーの演奏だった。この録音は既に持っている。

P1010532 沼響のHPの聴き比べコラム「ベートーヴェンの7番を聴く」に、シューリヒトの1957年、ウィーンフィルとのライヴの感想をアップしました。

|

« トスカニーニのミサ・ソレニムス | トップページ | フルネの「夏の牧歌」 »

音盤購入記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルルーのトゥランガリラ交響曲、LP盤:

« トスカニーニのミサ・ソレニムス | トップページ | フルネの「夏の牧歌」 »