« ベイヌムのモーツァルト | トップページ | A.Jemelikのハチャトウリアン »

2008年10月12日 (日)

ダンツィの木管五重奏曲集

P1010196 穏やかな日曜日。今日は、150年前にコレラの流行に怯えたご先祖たちが疫病退散を祈念して京都の吉田神社から勧進した町内の吉田神社の秋祭り。

61hs1a7mnal_aa240__2 このときの経緯は活字にもなっている。(朝日選書「幕末狂乱~コレラがやってきた」高橋敏著)

今年は特に役割もなく、神輿を担いだ子供たちにご祝儀を上げたりと、気楽なもの。

午後、上の娘がアンサンブル・コンテスト出場のためのパート練習を家でやる、と突然言い出し、同級生4人が楽器を持ってぞろぞろと現れた。慌てて散らかっていた音楽部屋を片付け、しばらく高校生5人に明け渡す。

080907_a 曲はダンツィの木管五重奏曲作品56の1、ダンツィの作品の中では定番ともいえる曲だろう。煩いのが傍らにいてはやりにくかろうと思い。別室で録画していたNHKスペシャル「よみがえる浮世絵の日本」http://www.nhk.or.jp/special/onair/080907.htmlなど見ていた。

2時間ほど過ぎたころに、娘が「演奏を聴いてちょうだい」と言ってきた。どれどれと部屋に入ると、そこには緊張気味の高校生が4人。アレグレットのはじめの部分を吹かせてみるが、音を取るのがまだやっとの状態だ。あまりキツイ事を言っても自信を無くしそうなので、簡単な注意のみにしておいた。

M762 というわけで、今日はダンツィの木管五重奏曲。ベルリンフィルの中堅どころがBISに録音した全集録音から第2巻。

実に柔らかで自然なフレージング。たった今聴いた子供たちの演奏した曲とは別の曲を聴くようだ。子供たちも神妙な面持ちで楽譜片手で聴いている。

|

« ベイヌムのモーツァルト | トップページ | A.Jemelikのハチャトウリアン »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンツィの木管五重奏曲集:

« ベイヌムのモーツァルト | トップページ | A.Jemelikのハチャトウリアン »