« 三枝成彰先生と「ラ・ボエーム」 | トップページ | シュナーベルのワルトシュタイン »

2008年11月25日 (火)

ウィンナホルンズ

早朝喉の痛みで目が覚めた。どうやら風邪をひいたらしい。昨日の練習時には何事もなかったので、夜冷えた音楽部屋にいたのが悪かったらしい。

熱もさほどないのでそのまま出勤したが。喉に加え、筋肉も痛くなってきた。典型的な風邪の症状だ。今日は早めに仕事を切り上げ8時前には職場を引き上げた。

帰宅したらHMVからCDが届いていた。今回はCD4点。

Img5 Img3 ハンガリーのピアニスト、T.ヴァシャーリの弾くショパンから、ワルツ、ノクターン、バラード、スケルツォ全曲の3枚組グラモフォン原盤。

カイルベルトがケルン放送響を振ったブルックナーの交響曲第8番ステレオライヴ、オルフェオ盤。

Img6 山田一雄指揮東京都響によるマーラーの交響曲第8番。「藤沢の千人の交響曲」として有名なライヴで、高校時代にLP2枚組5千円という金額に涙を呑んで見送った音盤の待望の復活。

大賀典雄さんがバリトンソロを歌ったフォーレのレクイエムとのカップリングもうれしい。

Img2 そしてウィンナホルン12人による「ウィンナホルンズ」。

シューマンのコンチェルトシュトゥックやマーラー、コープランドから映画音楽「ロビンフッド」まで、深々とした音と驚異的なテテクニックで聴かせる。

YouTubeは、「ウィンナホルンズ」による「ロビンフッド」のテーマ。

|

« 三枝成彰先生と「ラ・ボエーム」 | トップページ | シュナーベルのワルトシュタイン »

音盤購入記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィンナホルンズ:

« 三枝成彰先生と「ラ・ボエーム」 | トップページ | シュナーベルのワルトシュタイン »