« アルヘンタのオアナ | トップページ | 「ラ・ボエーム」への道のり »

2008年11月13日 (木)

ミケランジェリのラヴェル

ここ数日自転車で通勤している。今日は夕方になり雨が降ってきたので、やむなく歩いて帰ることにした。家までの所用時間はおよそ45分。運動不足の身にはほど良い距離だが、道半ば頃に雨が上がる。

最近YouTubeにアップされているさまざまな演奏を見るのが楽しみになってきた。往年の巨匠から、有名無名の演奏家たち。アマチュアの真剣な演奏も面白い。

今日はミケランジェリ、ペルルミュテール、フランソワたちのフランス音楽を楽しんだ。

ラヴェルのピアノ協奏曲は、ミケランジェリ、フランソワ、アルゲリッチらの名演がアップされている。ミケランジェリのものはチェリビダッケとロンドン響という夢の組み合わせで、この映像はかつて、海賊ビデオが高額で出回っていたもの。二人の天才の阿吽の呼吸を見事に捉えた映像だ。

|

« アルヘンタのオアナ | トップページ | 「ラ・ボエーム」への道のり »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミケランジェリのラヴェル:

« アルヘンタのオアナ | トップページ | 「ラ・ボエーム」への道のり »