« スタインバーグのブルックナー、交響曲第8番 | トップページ | 槇原敬之・クリスマスコンサート »

2008年12月23日 (火)

ルチア・ヴァレンティーニ=テッラーニのブラームス

昨晩から次第に冷えてきた。今年も残り僅かとなってきたが、本日出勤し一日職場で過ごす。

P1010544 今日は歌手活動の最盛期に亡くなってしまったメゾソプラノ、ルチア・ヴァレンティーニ=テッラーニのブラームスの「アルトラプソディー」を聴いた。

Artから出ていたCDで、伴奏は大好きな指揮者ペーター・マーク指揮によるミラノのイタリア放送のオケ。

カップリングはマークのブラームスの交響曲第一番でこちらのオケはトリノの放送オケ。いずれも70年代後半のライヴで録音状態は良い。

瑞々しいマークのブラ1も素晴らしいが、テッラーニのアルト・ラプソディーが美しい声に深い情愛に満ちていて感動的だ。

|

« スタインバーグのブルックナー、交響曲第8番 | トップページ | 槇原敬之・クリスマスコンサート »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

マエストロ!沼津のデイル・クレヴェンジャー殿。愛妻と一緒に「槇原敬之・クリスマスコンサート」良いじゃないですか。
私は年を取るにつれ、自営業故定年はないのですが、ほぼ濡れ落ち葉状態。完璧な婦唱夫随であります。

先日のマエストロご推薦のルチア・ヴァレンティーニ=テッラーニのブラームスの「アルトラプソディー」。
拙者も持ってたかも?と探したのですが、a tribute to PETER MAAG(16cd)の全集には入ってなく、早速ネットで注文した次第です。

沼響のマエストロもシカゴ響顔負けのマッシブなサウンドで、マーラーの5番のコーダでホルン吹き捲くってらっしゃるんですね~。
沼津市へ訪れたことは一度もありませんが、
文化の香りのする良さそうな町じゃありませんか!

投稿: duchamp | 2008年12月25日 (木) 18時41分

duchamp さん、年末の忙しさについついお返事が遅れてしまいました。

たまにはポップスのコンサートも良いものですが、正直なところ耳を聾する、マイクで増幅された大音響に閉口したのも事実であります。

やはり年なのでせうか。ホルンもここのところ息切れ気味で、シンフォニー1曲を吹き通すのもシンドイ今日この頃です。

沼津は気候穏やかで住みやすい町です。

投稿: 山本晴望 | 2008年12月29日 (月) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルチア・ヴァレンティーニ=テッラーニのブラームス:

« スタインバーグのブルックナー、交響曲第8番 | トップページ | 槇原敬之・クリスマスコンサート »