« グーセンスのレスピーギ | トップページ | 2009年、オケ初練習 »

2009年1月 6日 (火)

プレヴィンのベルリオーズ序曲集

昨日から新たな年の仕事が始まった。職場で新年の挨拶を済ませた後は、そのまま日常の仕事モードに入り正月気分は過去のもの、とはいえ昨日は定時帰宅。

ところが、本日驚天動地の事件発生!
昨年進めてきた大きなプロジェクトも12月には、大方の目処が立ち、新鮮な気分で新年を迎えたつもりだったが、甘かった。

本日、契約していた業者の担当が、お偉方を伴い新年の挨拶に来たその舌の根も乾かぬうちに、お詫びの言葉を聞かされることになった。

納入した物の中に不良品のロットが混入していたため、全てやり直さなければならなくなったとの言葉に愕然。少なくとも昨年9月から12月まで完了していた部分は全てやり直しとなってしまった。
当方の予定も大幅に狂い、今後どのような影響が出るかわからなくなってしまった。

P1010556 こんな日は何も聴く気にはならないが、音楽部屋の未聴棚で目に入ったプレヴィンの指揮するベルリオーズ序曲集のLPを取り出し、A面、B面も確認せずに針を下ろす。

耳に飛び込んできたのはB面の最初の曲、序曲「海賊」。

狂ったように始まり轟然と鳴り響くオケの響きにベルリオーズの狂気が次第に自分に乗り移ってくるようだ。
世俗の事など、もうどうでも良くなってきた。

P1010558 P1010557 沼響のHPの聴き比べコラム「ベートーヴェンの7番を聴く」にハンス・ロスバウトの演奏の感想をアップしました。
http://www.numakyo.org/cgi-bin/beet7.cgi

|

« グーセンスのレスピーギ | トップページ | 2009年、オケ初練習 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレヴィンのベルリオーズ序曲集:

« グーセンスのレスピーギ | トップページ | 2009年、オケ初練習 »