« バッハのコラール「私はここに貴方の御座の前に進み出ます」BWV.668 | トップページ | デユフレーヌのフルート »

2009年3月 9日 (月)

レオポルド・ルートヴィヒのマーラー

新たな週の始まりとはいえ昨日一日仕事だったので週の切れ目の感覚はなし。

職場でパート一名の欠員が出来、出勤前にハローワークへ求人の手続きに行く。早い時間なのにフロアは職を求める人であふれ、入り口まで行列ができていた。不況の深刻さをあらためて実感。
手続きを済ませ職場に着くや否やハローワークから希望有りの連絡有り。

今日はレオポルド・ルードヴィヒのマーラーの交響曲第4番を聴いた。ベルリンクラシクスのCDでオケはドレスデン・シュターツカペレ。

ルードヴィッヒのマーラーでは交響曲第9番の録音もあり、確か初のステレオ録音だったはずだ。 この4番は1957年1月のモノラル録音。

P1010631 速いテンポで端正な格調高きマーラー。各楽器の細部まで実に精密に再現している。

ソプラノのAnny Schlemn のカチッとした硬質でいて艶の有る歌唱が、オケの柔らかな響きに絶妙にブレンドされていて美しい。名演です。

P1010629 沼響のHPの聴き比べコラム「ベートーヴェンの7番を聴く」に
コンヴィチュニーのライヴ録音の感想をアップしました。連載50回目。
http://www.numakyo.org/cgi-bin/beet7.cgi

YouTubeは室内オケ版マーラーの交響曲第4番

|

« バッハのコラール「私はここに貴方の御座の前に進み出ます」BWV.668 | トップページ | デユフレーヌのフルート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レオポルド・ルートヴィヒのマーラー:

« バッハのコラール「私はここに貴方の御座の前に進み出ます」BWV.668 | トップページ | デユフレーヌのフルート »