« ラインスドルフのR.シュトラウス | トップページ | シューリヒトのディーリアス »

2009年3月20日 (金)

P.マークのマリピエロ

雨のち晴れ。巷の三連休をよそに本日出勤。昨日はオケの練習日だったが夜に所用が重なり痛恨の欠席。
来週出ると思った人事異動は予想外に早く、昨日出た。結局肩書きは変わったものの来年度も残留が決定。新たな懸案事項も出現し再び多忙な一年となりそうだ。

P1010643 今日はイタリアの近代作曲家マリピエロの管弦楽作品を聴いた。

NAXOSから出ているCDで、「7つのインベンション」、「4つのインベンション」「歌劇アルレッキーノから交響的断章」「ヴィヴァルディアーナ」というもの。大好きな指揮者ペーター・マークがパドヴァのオケを振っている。

ヴィヴァルディの校訂者として名高いマリピエロが、色彩豊かなオーケストレーションで聞かせる作品の数々。透明度の高い響きとカラフルな響きで比較的聞きやすい音楽だ。インベンションの数曲は映画音楽にも使われたことがあるという。

P1010642 もうひとつ、天才デニス・ブレインの加わったデニス・ブレインアンサンブルによるイギリスの作曲家G.ジェイコブの管楽器とピアノのための六重奏曲。

BBC Legendから出ている放送録音からのCD.

もともとデニス・ブレインのために作曲されただけあって、縦横無尽に活躍するデニスのホルンが聴きもの。ピアノのジョージ・マルコムがこれまた非常にうまい。

|

« ラインスドルフのR.シュトラウス | トップページ | シューリヒトのディーリアス »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: P.マークのマリピエロ:

« ラインスドルフのR.シュトラウス | トップページ | シューリヒトのディーリアス »