« フランソワのフォーレ、ドワイアンのショパン | トップページ | L.ルードウィッヒのハイドン »

2009年4月16日 (木)

本日の練習、ドボルジャークとシベ2

今日の練習はドヴォルジャークのチェロ協奏曲がメイン。ドヴォルジャークのホルンパートは、今回若手精鋭3人を揃えたのでロートルの自分は降り番。8時前までには仕事を済ませ練習会場へ。

会場に着くと、小ホールで横島先生が練習を付けている。今までドボコンとシベ2の練習日が異なっていたので沼響のドボコンは初めて聴く。

あさっての合宿を控え、練習の集まりがあまりよくない。管楽器は揃ってはいるが弦楽器が少ない。曲は一応の形が出来ていて、シベリウスよりは完成度が高いようだ。

そして後半はシベリウスの第一楽章。
横島先生は、感情の移入を避けストレートな表現を要求。シベリウス固有の寒々しい色を強調したいようだ。

ところが、今の沼響は譜面を追うのに精一杯。未だシベリウスへの道のりは通し。

P1010645 沼響HPの聴き比べコラム「シベ2を聴く」に、トスカニーニ&BBC響のライヴの感想をアップしました。

http://www.numakyo.org/cgi-bin/sibe2.cgi

YouTube は遠藤真理の弾くドヴォルジャーク

|

« フランソワのフォーレ、ドワイアンのショパン | トップページ | L.ルードウィッヒのハイドン »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日の練習、ドボルジャークとシベ2:

« フランソワのフォーレ、ドワイアンのショパン | トップページ | L.ルードウィッヒのハイドン »