« レッパードのメンデルスゾーン | トップページ | レッパードとマンロウのブランデンブルク »

2009年10月 6日 (火)

ギュトラーのヴィヴィアーニ

朝から雨、大型台風が接近中。このペースでは8日に直撃となりそうだ。
8日は外部委員による重要なチェックがあり、既にわが職場が大きなターゲットとなる予告があり、嵐の中の修羅場となりそうな気配。
今日の職場は、既に8日のための準備も終わり嵐の前の静けさ。

P1010769 今日もレッパードで取り出したのはハイドンの交響曲第98番。

先日のメンデルスゾーンと同じくジャケット写真に盆栽の写真をあしらった仏蘭西エラートのボンサイシリーズのCD。ここでレッパードはスコットランド室内管を振っている。

レッパードのハイドン演奏をネット検索すると2006年に書いた自分の記事が出てきた。
http://harumochi.cocolog-nifty.com/horn/2006/09/post_0145.html

どうもここ数年同じような音盤を繰り返し聴いているようだ。

P1010767 そしてもうひとつは、旧東ドイツの名トランペット奏者ギュトラーの演奏。旧東ドイツのETERNAのLPで、ヴィヴィアーニやバッハのコラールプレリュード、ヘンデルのソナタを集めたもの。

ギュトラーは20年近く前に沼津に来た。聴き手を包み込むような柔らかで暖かな音色のトランペットが今でも忘れられない。

ここでもマクデブルクの教会のオルガン伴奏に乗り、深く慈愛に満ちた演奏を聴かせてくれ、素晴らしい。

Youtube もギュトラーのトランペット

|

« レッパードのメンデルスゾーン | トップページ | レッパードとマンロウのブランデンブルク »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レッパードのメンデルスゾーン | トップページ | レッパードとマンロウのブランデンブルク »