« 沼響友の会コンサート終了 | トップページ | 黒船以来 ~日本の吹奏楽150年の歩み~ »

2009年10月18日 (日)

テバルディの「すみれ」

本日お休み。良く晴れて爽やかな一日。
こんな日は畑で汗を流し、ついでに庭の柿を収穫。

Pa180076 昨年不作だったので今年は期待したのだが、病気にやられ実の大部分は早くに落ちてしまった。残った柿もカラスの襲撃を受け風前の灯火。
まだ採るには早いようだったが植木用の脚立を立て全て収穫。

さっそく食べてみると非常に美味。実った数が少ない分栄養が一個一個に凝縮したようだ。

Pa180081 一方畑の蜜柑は、たわわに実りこちらは豊作。未だ青いが、ちょっと成り過ぎだ。こちらはそのうち摘果しないと。

夜は修善寺まで上の娘を声楽のレッスンに連れて行く。レッスンの間、練習場の片隅で邪魔にならぬようにイタリア古典歌曲の数々にそっと耳を傾ける。

P1010764 帰宅後聴いたのは、そのイタリア古典歌曲の名作からアレンサンドロ・スカルラッティの「ガンジス川に日はのぼり」と「すみれ」の入ったキングレコードが出していたLP。

テバルディ、パヴァロッティ、サザーランド、プライなどの20世紀を代表する歌手たちの名唱を集めたオムニバス。

トランペットの輝かしいオブリガードソロに乗って晴れやかに歌うパヴァロッティの「ガンジス川・・・」、テバルディの格調の高い歌唱の聴ける「すみれ」。チェンバロの効果的なオケ編はD.ギャムリー。

Youtube はテバルディの「すみれ」。こちらはピアノ伴奏の別録音。

|

« 沼響友の会コンサート終了 | トップページ | 黒船以来 ~日本の吹奏楽150年の歩み~ »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沼響友の会コンサート終了 | トップページ | 黒船以来 ~日本の吹奏楽150年の歩み~ »