« フィラデルフィアのミュンシュ | トップページ | ラインスドルフの「真夏の夜の夢」 »

2010年1月26日 (火)

ロジェストヴェンスキーのプロコフィエフ

2010012613270002_4 庭の梅は白梅とともに紅梅も花を咲かせていた。良く晴れた一日。

  今日はプロコフィエフの交響曲を2曲。第1番の古典交響曲に最後の交響曲となった第7番。

両者には作曲年に30年以上の開きがあるが、曲想の若々しさとシンプルな点で共通する部分多い。

P1010025_2  だが、第7番第3楽章の高度な次元で結晶化された澄み切った叙情は、功なり名を遂げた円熟の音楽だ。

今日聴いたのは、両曲をカップリングしたロジェストヴェンスキー指揮モスクワ放送響によるもの。
プロコフィエフの音楽は、才気煥発なロジェストヴェンスキーにこそふさわしい。第4楽章終結部はオリジナル版を使用。

Youtube は、ゲルギエフ&ロンドン響のプロコフィエフ「ロメオとジュリエット」

|

« フィラデルフィアのミュンシュ | トップページ | ラインスドルフの「真夏の夜の夢」 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィラデルフィアのミュンシュ | トップページ | ラインスドルフの「真夏の夜の夢」 »