« バッハのコラール「わが心の切なる願い」BWV.727 | トップページ | ルモーテルのグリーグ »

2010年3月16日 (火)

フランソワの「版画」

昨晩の家が揺れるほどの風雨で今日は寝不足気味。

まもなくある人事異動発表に落ち着きのない毎日だが、ダブル受験の娘たちは昨日下の娘が進学先を決めて、まずはひとつの区切りがついた。

昨日の合格発表の場で地元メディアの報道につかまり、今朝のローカル新聞に娘のインタビューと写真が出ていて吃驚。

今日はフランスのピアニスト、サンソン・フランソワによる演奏を聴く。

S_img_0001 16歳でパリ音楽院を首席で卒業、直後の第1回ロン・ティボー国際ピアノコンクールでの優勝など、天才肌のピアニストだったが過多の酒量で46才の若さで急逝。

フランソワは、晩年にはしだいに演奏のスタイルが崩れていった破滅型のピアニストだった。
今日は未完に終わったドビュッシーピアノ曲全集録音から「版画」を聴く。

ほぼ全ピアノ曲の録音を残しているショパンほどではないが、独特のテンポの揺れが妖艶な光を発するユニークなドビュッシー。

youtube はフランソワの弾くラヴェルの「左手のためのピアノ協奏曲」 。指揮はフレモー。

|

« バッハのコラール「わが心の切なる願い」BWV.727 | トップページ | ルモーテルのグリーグ »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バッハのコラール「わが心の切なる願い」BWV.727 | トップページ | ルモーテルのグリーグ »