« ハンニカイネンのシベリウス、交響曲第4番 | トップページ | 第九、練習開始 »

2010年6月 9日 (水)

レヴィーン&バレーシアター管のチャイコフスキー

今日も曇天、時々雨。昨日で一応の決着が着いたはずの案件が今日になって情勢が急展開。
無い知恵を絞って作り上げた文書は、最終的には当初の姿と似ても似つかぬ姿となってしまった。

気疲れした一日が終わる。

P1010086 こんな日は、ニューヨークのバレーシアター管によるチャイコフスキー、バレエ「眠りの森の美女」抜粋。
指揮はヨゼフ・レヴィーン指揮の米ペーパーバッククラシクスのLP.

モノラルだが、同じ組み合わせの「白鳥の湖」がステレオ初期に米キャピトルから出ていた。この演奏もキャピトルがオリジナルだろう。ステレオ録音もあるかもしれない。

有名な「ワルツ」は何度かアンコールで演奏したことがあるものの、チャイコスキーの三大バレエとはいえ「白鳥の湖」「くるみ割り人形」ほどは馴染みが薄い。

だが、あらためて聴いてみると三曲中最も完成度が高く、あたかも一曲の交響曲を聴くような充足感が味わえる名作だ。

P1010628 ついでに同じ演奏者の「白鳥の湖」をキャピトルのステレオLPで聴いてみた。

レヴィーンの演奏は2曲とも、パリッと冴えたリズム感とオケを鳴らす確かな腕で非常に楽しめる。オケもベラボーにうまい。

これほどの演奏を聴かせる指揮者レヴィーンだが、バレエ音楽と大ヴァイオリニスト、シゲティの伴奏ピアニストとしての録音しかないようだ。http://www.lib.umd.edu/PAL/IPAM/IPAMlevine.html

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

youtubeはゲルギエフ指揮の「眠りの森の美女」ワルツ

|

« ハンニカイネンのシベリウス、交響曲第4番 | トップページ | 第九、練習開始 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンニカイネンのシベリウス、交響曲第4番 | トップページ | 第九、練習開始 »