« モントゥーの「ダフニスとクロエ」 | トップページ | ギーゼキングの「版画」 »

2010年7月 2日 (金)

ブライロフスキーのラフマニノフ

ワールドカップ、日本は敗退してしまったが競合チームが激突し、いよいよ佳境。

昨日は沼響年に一度の定期総会。昨年度の活動報告や会計報告エトセトラ、役員もほぼ同じ顔ぶれだで大過なく決まる。

今回は数年後に控えた創立30周年が話題になった。
未だ模索状態。その頃まで元気に現役でありたいもの。

S_img 今日はホロヴィッツと同じキエフ生まれのピアニスト、アレクサンダー・ブライロフスキーの弾くラフマニノフの2番のコンチェルト。

ショパン弾きとして、かつてルービンシュタインと双璧とまで言われたブライロフスキーも今では、あまり話題にされなくなってしまった。

そのブライロフスキーが、少年時代にラフマニノフにその才能を見出され、世に出たことは意外に知られていないと思う。

ブライロフスキーのラフマニノフの録音は、このコンチェルト以外は見当たらない。

冒頭の和音の取り方からして超個性的。ゆっくりとした開始からの突然の加速、第2楽章のルバートたっぷりの歌など、今はこのような弾き方をするピアニストはいないだろう。

黒光りするような音色と、ダイナミックにして繊細な中に独特の味わいがある演奏だ。
ホルダ指揮のサンフランシスコ響の伴奏は普通の出来。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村



Youtubeは、アンナ・モッフォの歌うラフマニノフのヴォカリーズ

|

« モントゥーの「ダフニスとクロエ」 | トップページ | ギーゼキングの「版画」 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モントゥーの「ダフニスとクロエ」 | トップページ | ギーゼキングの「版画」 »