« ライナーのスペイン音楽集 | トップページ | ギーゼキングとカラヤンのモーツァルト »

2010年8月28日 (土)

ホヴァネスの「神秘の山」

猛暑の中、今年最大の山場と言える外部専門家による監査の日。組織全体の業務見直しの中、いくつかのセクションが俎上に上がり、我がセクションは本日の最後の登場。

会場には報道陣の他に傍聴者も多数。まるで裁判の被告人のような気分。

こちらからの簡単な説明の後、舌鋒鋭い質問の嵐。相手はこの道のプロの専門家集団。なかなかこちらの説明に納得してくれない。

準備は怠らなかったつもりが、予想外の部分から責められ思わぬ苦戦。
自分の非力さを痛感した一時間。

S_img 気疲れして帰宅後聴いたのは、なぜかアルメニア系アメリカ人の現代作曲家、アラン・ホヴァネスの交響曲「神秘の山」。
生涯に実に67曲の交響曲を書いたホヴァネスの第2番にあたる交響曲だ。

インド風のティスト漂うエキゾティックで判りやすい佳曲。

昨日に引き続き聴くフリッツ・ライナー指揮のシカゴ響の演奏にはあい変らず隙はない。
Youtubeは、ホヴァネスのホルン協奏曲

|

« ライナーのスペイン音楽集 | トップページ | ギーゼキングとカラヤンのモーツァルト »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライナーのスペイン音楽集 | トップページ | ギーゼキングとカラヤンのモーツァルト »