« 本日の練習、合唱合わせ | トップページ | マゼールの「火の鳥」全曲 »

2010年10月19日 (火)

サージェントのセント・ポール組曲

昨日は県内同業を集めての大きな会議と研修のために静岡市へ。久しぶりに顔を合わせる人もいれば、馴染みの顔が異動でいなくなったりと、毎年少しずつ周囲の環境は変化していく。
会場の外には巨大なガンダムが見える。

久しぶりに速く帰宅でき、就寝しようとした午前零時過ぎに突然携帯が鳴る。契約している警備会社からだ。
緊急事態発生!急いで着替え車も少ない夜道を職場に向かう。

結局大したことはなかったとはいえ帰宅は2時。

今日一日ほとんど記憶なし。

S_pa180610 今日はイギリスの指揮者サージェントによるエルガー、ワーロック、ホルストらのイギリス近代作曲家の弦楽器のための作品を聴く。

エルガーの「弦楽セレナーデ」、ワーロックの「キャプリオル」組曲そしてホルストの「セントポール」組曲と「ベニモラ」
オケはフィルハーモニア管、ロンドン響、BBC響を振り分けた英EMI盤LP.

いずれも毅然とした品格漂う名演。

youtubeは、「セントポール」組曲からオスティナート

|

« 本日の練習、合唱合わせ | トップページ | マゼールの「火の鳥」全曲 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の練習、合唱合わせ | トップページ | マゼールの「火の鳥」全曲 »