« サージェントのセント・ポール組曲 | トップページ | コンドラシンのプロコフィエフ »

2010年10月20日 (水)

マゼールの「火の鳥」全曲

朝から一日雨。

病休となってしまった職員の代替えとして急遽臨時の職員を雇うことになり本日面接。
雇用期間は短期だし条件もさほど良いわけではないのだが、意外と希望者が多く募集開始とほぼ同時に締め切り。長引く不況と就職難。

我が町内は自治会上げてのエコ活動に取り組んでいて、http://www.city.numazu.shizuoka.jp/sisei/kouhou/interview/200811/200811-3.htm

電気使用量が昨年に比べて大幅削減された家庭を定期的に表彰していたりしているのだが、この7-8月の省エネ大賞はなんと我が家に決定とのこと。

この猛暑でどの家庭もクーラーフル回転の中、我が家のクーラーは、故障のため使いたくても使えず、とうとう扇風機でこの夏を乗り切ったのが勝因に違いない。

あまり単純に喜べない。

15884865 この夏に購入した液晶テレビのエコポイント商品が今頃になって届き始めた。何を頼んだのかも完全に記憶から飛んでいたが、カニの詰め合わせと辛子明太子だったらしい。

エコに潤った一週間。

S_pa180620 今日は、マゼール指揮フランス国立放送局管によるストラヴィンスキーの「火の鳥」全曲。コンサートホールソサエティ原盤の米ターナバウトのLP.
1970年の録音。

オケの色彩豊かな響きとシャープな音楽運びが楽しめる。一気に45分を聴かせてしまう。

Youtubeはマゼールのバルトーク。

|

« サージェントのセント・ポール組曲 | トップページ | コンドラシンのプロコフィエフ »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サージェントのセント・ポール組曲 | トップページ | コンドラシンのプロコフィエフ »