« クリュイタンスのフォーレ、「レクイエム」 | トップページ | ショルティのマーラー「復活」 »

2010年12月 7日 (火)

リスト編曲の幻想交響曲

曇り、夜遅くから雨。ここ数日暖かな日が続く。職場では風邪が流行りだし、自分も昨日から喉がいがらっぽい。

日曜の夜、職場の至近距離で火事があったにもかかわらず全く気付かず。帰宅しようと外に出た時に、微かな焦げ臭さは感じていたのだが。消防車5台ほどが出動したらしい。
耳が遠くなったのだろうか?

今日はベルリオーズの幻想交響曲のリスト編曲によるピアノ版を聴いた。

P1010007 演奏はトルコの女流ピアニスト、イディール・ビレット。
ビレットにはNAXOSに同曲の録音があるが、http://ml.naxos.jp/album/8.550725

手持ちは、ATLANTICから出ていたLPでNAXOSとは別録音のようだ。

1930年に作曲された幻想交響曲の僅か3年後の編曲。
http://www.numakyo.org/cgi-bin/fantasy.cgi?vew=56

数年前に連載した沼響HPの「幻想交響曲を聴く」では紹介できなかった演奏。

編曲は極めてオリジナルに忠実、非常によくできている。特に最初の2つの楽章はオケ版と比べても遜色はない。
第3楽章の冒頭部分などドビュッシーのピアノ曲を先取りしているかのように響く。

最後の2つの楽章はさすがにオケの色彩感を望むべくもないが、これは演奏にも責任がありそうだ。
第4楽章などオケ版とは異なる部分も聞こえるが、リストが付け加えたのだろうか?

P1010008 そしてもう一枚。クルト・レーデル指揮による「モーツァルト父子の音楽」
エラート原盤のRVCのLP.

「おもちゃの交響曲」として有名なレオポルド・モーツァルトの曲2曲に、アマデウスの5つのコントルダンス、ドイツ舞曲などを収めた楽しい演奏。

コントルダンスの第1曲は、歌劇「フィガロの結婚」の有名な「もはや飛ぶまいぞこの蝶々」そのままだ。

Youtubeはバレンボイムの幻想交響曲ライヴ

|

« クリュイタンスのフォーレ、「レクイエム」 | トップページ | ショルティのマーラー「復活」 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリュイタンスのフォーレ、「レクイエム」 | トップページ | ショルティのマーラー「復活」 »