« ウエルナー・ハースのラヴェル | トップページ | アルヴェーン、海辺の岩礁から »

2011年3月 1日 (火)

海の交響曲

曇り、午後から冷たい雨。ここ数日の雨で庭の梅も散り模様。
今日3月1日は市内の各高校の卒業式。
昨年は二人の娘のダブル卒業だったが一年経つのは早いもの。

明日から一週間、これから年度末の仕事上の大きな山場となり、帰りも遅くなりそうな予感。

P1010011 今日はヴォーン・ウィリアムスの「海の交響曲」を聴く。
3管のフルオケにオルガン付き、しかも合唱と二人の独唱者も入るオラトリオのような曲。

今までヴォーン・ウィリアムスの交響曲は、漠とした雰囲気で捉えどころのない印象があり、あえて避けていた部分もあったのだが、今日はすんなり楽しめた。
演奏は、サー・エードリアン・ボールト指揮ロンドンフィル。作曲者自身と親交があり、いくつかの交響曲の初演もおこなっているスペシャリスト。

P1010010 Vvv0543 沼響のHPの聴き比べコラム、「チャイコフスキーの5番」を聴くにムラヴィンスキーの1960年スタジオ録音の感想をアップしました。
http://www.numakyo.org/cgi-bin/tchai5.cgi

Youtubeは、「海の交響曲」から第3楽章「波」

|

« ウエルナー・ハースのラヴェル | トップページ | アルヴェーン、海辺の岩礁から »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウエルナー・ハースのラヴェル | トップページ | アルヴェーン、海辺の岩礁から »