« トルトウリエの「フレンチ・インプレッションズ」 | トップページ | ベルティーニのマーラー、交響曲第4番 »

2011年5月12日 (木)

プラッソンのラヴェル

昨晩からの雨はそのまま夜まで止まず。終日雨。

定演も近くなった。当日のプログラムの曲目解説も印刷に出し、いよいよ本番モードに突入だ。

しかし予期せぬ仕事が入りつつあり、来週の海瀬京子さんの久しぶりのオケ合わせの日には夜の打ち合わせが入ってしまった。 楽しみにしていただけにこれはがっくり。

2011051219420000 そして今日はオケの練習日。本番間近となり横島先生の指揮で市民文化センター大ホールでの練習。

会場に着くと、「レオノーレ」序曲第3番のちょうど舞台裏からのトランペットのファンファーレの場面だった。

「レオノーレ」は降り番なので、トランペット奏者に声をかけ、そのまま客席へ。オケ全体がいよいよベートヴェンらしい響きになってきた。

続く「ライン」は5楽章から始まり、2,3楽章の練習。

曲の面白さと深さがようやく皆もわかり始めたようだ。

それにしても・・・うーむ、ショパン的な抒情漂う第3楽章は難しい。

S_img_0002 帰宅後聴いたのは。フランスの指揮者M.プラッソン指揮トウルーズ・キャピタル管によるラヴェルの管弦楽曲集。

ホルンソロ客演に名手ヴェスコーヴォを呼んだ異色のCD。

演奏は、「ボレロ」「ラ・ヴァルス」といった曲よりも、「亡き王女のためのパヴァーヌ」「マ・メールロア」などの方がプラッソンにあっているように思う。
「マ・メールロア」の終曲など感動的な演奏だ。

youtubeは「マ・メールロア」から終曲、チョン・ミョンフムの指揮

|

« トルトウリエの「フレンチ・インプレッションズ」 | トップページ | ベルティーニのマーラー、交響曲第4番 »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トルトウリエの「フレンチ・インプレッションズ」 | トップページ | ベルティーニのマーラー、交響曲第4番 »