« パレーのデユカスとシャブリエ | トップページ | ディスクコンサート、アバドの「復活」 »

2011年11月 9日 (水)

20世紀の偉大なるピアニストたち シリーズ全巻制覇

仕事は混沌たる社会情勢と連動し、自分の手の及ばぬ部分でますます難しい状況に。
明日から来週初めまでが大きな山場。


22474503_2 20世紀末に、ユニバーサル・ミュージックが世界の主要レーベルの名ピアニストの名演を集大成し発売した「20世紀の偉大なるピアニストたち」全100巻CD200枚を、本日全て聴き終りました。
http://www.universal-music.co.jp/classics/special/pianists/pianists.htm

20世紀に活躍した主要ピアニストはほとんど網羅され、20世紀のピアノ演奏を俯瞰する空前絶後の大シリーズ。

311gs1j1tcl__sl500_aa300__2 なぜか当時外盤は国内盤の10分の1の価格で出回っておりまして、知人にもだいぶ紹介しました。

購入したのが20世紀最後の年、西暦2000年の暮れのこと。

翌2001年、21世紀の始めの年から「A」で始まる第1巻「アルゲリッチ」を聴き始め、気の向いた時に少しずつ聴き続け、最後の「Z」で終わる第100巻「ツィマーマン」を聴き終るまで11年かかりました。

41jk56shdjl__sl500_aa300_ もう全部聴き通すことはないと思うので、ピアノを勉強中の娘に譲るつもり。

Youtubeは、ツィマーマンの弾くショパンの「舟歌」

|

« パレーのデユカスとシャブリエ | トップページ | ディスクコンサート、アバドの「復活」 »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パレーのデユカスとシャブリエ | トップページ | ディスクコンサート、アバドの「復活」 »