« レコードコンサートのことなど | トップページ | オーマンディのグリーグ »

2012年1月29日 (日)

ストラヴィンスキーの「プルチネルラ」

晩くしゃみが連続して止まらず、鼻水も出てきた。
さらに本日昼過ぎからは正体不明の頭痛。風邪をひいたのだろうか。

しばらく横になっていたら、そのまま寝入ってしまい目が覚めたのが4時過ぎ。

「しまった! 休日の最も貴重な時間を無駄にした」とその時は思ったが、頭痛が引いたので良いことにしよう。単なる寝不足だったのかも。

その後、近くのホームセンター「ジャンボエンチョー」に行き灯油を買う行列に並んでいたら、地の底からズシンという音とともに地震。
昨日ほどではないがまた近い。

周囲の人たちが不安げに顔を見合わせている。

ホームセンターに入ってみると、地震グッズの特設コーナーができていた。
乾パンをたくさん買い込むおばあさんなど、10人ほどの人がコーナーの周りを物色していた。地震があったばかりなので皆真剣な表情。
自分も釣られて電池と消火器を買った。

家に帰ると家内が「なぜ今消火器なの?」
私「・・・・」自分でもよくわからない高い買い物だった。

朝の「題名のない音楽会」でストラヴィンスキーのバレー曲「プルチネルラ」をやっていた。
http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/contents/MusicInfo/cur/index.html

今日はこの全曲が聴きたくなり、ネヴィル・マリナーの演奏を聴いてみた。
20010101_00000020010101_02

歌入りの全曲版でEMIの国内盤LP.

18世紀の作曲家ペルゴレージの曲のアレンジ物だが、ストラヴィンスキーの個性で見事な作品に生まれ変わった。

マリナーの演奏は近代的なセンスの明晰な持ち味。アカデミー・セントマーティン・イン・ザ・フィールズのメンバーは非常にうまい。
各楽器のソロなど見事なものだ。

ついでに初演者のアンセルメも聴いてみた。

20010101_00000020010101_03 こちらはゆったり優雅なバレエ曲としての一面を強調した演奏。

ほっかりした暖色系のオケの色もまた良し。

Youtubeはラトル&ベルリンフィルの「プルチネルラ」

|

« レコードコンサートのことなど | トップページ | オーマンディのグリーグ »

音盤視聴記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レコードコンサートのことなど | トップページ | オーマンディのグリーグ »