« 本日の練習、ブラ2、久世先生の指揮 | トップページ | 戦時下のウィーンフィルのプログラム »

2012年2月18日 (土)

ブリテンの「春の交響曲」

風は冷たいが良く晴れた一日。午前中に庭木の移動で汗を流したついでに自転車で牛臥公園へ。

S_20120217_17054920120217_04

適度な風もありウィンドサーファー数人と遠くではヨットが見える。

P5_3   かつての政府の高官たちが泊まったという高級旅館三島館跡地に立ち海をしばらく眺めていた。

午後は、上の娘に仕送りする家で採れた野菜やレモンその他をダンボールに詰めていた。

夜、娘のピアノレッスンの送迎の合間に寄ったブックオフでは500円以下CD半額セール実施中。

どれどれっと棚を眺めた中で見つけたのは、ロジェストヴェンスキー指揮BBC響によるブリテンの「春の交響曲」。

4195y72fykl__sl500_aa300_

かつて日本クラウンが出していたBBCクラシクスシリーズ中の1枚。フランク・ブリッジの狂詩曲「早春」交響詩「夏」とのカップリングで、こちらはグローヴスの指揮。

この時期聴くにはふさわしい曲かもしれない。250円。

夜はグリュミヨーのバッハを聴いていた。

Grumiaux_toyoda_holliger_bach_conce フィリップスから出ていたCDで、バッハの三つのヴァイオリン協奏曲とヴァイオリンとオーボエのための協奏曲とのカップリング。

第二ヴァイオリンは豊田耕二、オーボエはハインツ・ホリガー。伴奏はレッパード指揮のイギリス室内管というもの。

フランコ・ベルギー楽派のグリュミヨーの芳醇な音色を楽しむ一枚。
中では第一番が傑出した出来だと思う。

|

« 本日の練習、ブラ2、久世先生の指揮 | トップページ | 戦時下のウィーンフィルのプログラム »

音盤購入記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の練習、ブラ2、久世先生の指揮 | トップページ | 戦時下のウィーンフィルのプログラム »