« トリオ・デ・トリエステのラヴェル | トップページ | デ・ブルゴスのスペイン組曲 »

2012年6月 7日 (木)

本日の練習 「モルダウ」初見

今日は定演終了後の初練習を沼津市民文化センター小ホールで。

次はこの秋の戸田と第三地区での演奏会。

2012060718540000_2

定演が終わると毎回メンバーの出入りが何人かあるが、今日は10数年ぶりにヴァイオリンのメンバーが戻ってきた。

そしてお楽しみの初見大会はスメタナの名曲「モルダウ」。

初めて目を通す団員も多く、やっと最後まで通るような出来だが、音楽をこれから作り上げていく未知の期待が楽しい。

仕事の合間のつかのまのオアシス。


吹いているうちに、20年近く前に同じ沼津市民文化センターで山田一雄さんが日本フィルを振ったコンサートを思い出した。

「悲愴」をメインに「モルダウ」、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第三番というプログラムで、ヴァイオリンソロは沼津出身で当時N響の団員だった蓬田清重さん。

「悲愴」の第三楽章が始まる直前にヤマカズさんがニヤリとオケを見渡し、腕まくりをする仕草をしてから振り始めたのも懐かしい。

この時の「モルダウ」がロマンティックで情熱的、大変な名演だった。

ホルンを思い切り強奏させた森の狩猟の場面では、鳥肌が立ったのを今でも覚えている。

帰宅後、ノイマン指揮ゲヴァントハウス管による演奏を聴いた。
0032342bc

渋い響きのオケを熱くドライヴした名演。

Youtubeはハンガリーの名指揮者フリッチャイの追悼番組から「モルダウ」の感動的なリハーサル。
この時フリッチャイは不治の病に犯され、オケのメンバーもフリッチャイ自身も命が長くないことを悟っていました。

|

« トリオ・デ・トリエステのラヴェル | トップページ | デ・ブルゴスのスペイン組曲 »

本日の練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トリオ・デ・トリエステのラヴェル | トップページ | デ・ブルゴスのスペイン組曲 »